なぜ?ホンダが小型飛行機事業「ホンダジェット」を手掛ける本当の理由。

スクリーンショット 2015-05-20 9.05.05

今年の6月に、ホンダ創設者である本田宗一郎氏の夢を乗せ、ホンダジェット(HondaJet)の量産1号機が米国での初飛行に成功しました。

ホンダといえばバイクや自動車のみでなく、人型ロボットのASIMOなどをも開発する日本を代表する企業です。
そんなホンダがとうとう小型飛行機事業に参入したということは、皆さんもよくご存知だと思います。
dsn_photo01 pic-library05 wp201101_800
ただ、そこでふと疑問に思うことは、「莫大な開発費を投じて飛行機を作って、それで会社としては儲かるの?」ということ。

ホンダジェットってビジネスとして成り立っているの?

medium_6012612713

ホンダジェットの総開発費は1500億円ともいわれてます。

そして、ホンダジェット1機の値段は約4億円。
当然ビジネスですから、売れなければ意味がありません。
しかし、ジャンボジェットなどの大型旅客機はよく目にするものの、ホンダジェットのような小型飛行機ってあまり見た事ありませんよね。
そもそも4億円もする飛行機なんて相当な大富豪にしか買えませんし。
けど、世の中にそんな大富豪なんてたくさんいないし・・・。
実はビジネスとして成り立ってないんじゃないの?
と心配になる人もいるのではないでしょうか?
しかし、そんな心配をする必要はありません。

ビジネスジェットって?

ホンダジェットのような小型飛行機、実は世界では、多くの企業がビジネスジェット(社用ジェット)として所有しているのです。
その数は4万5千機以上。
これは私たちが普段使っている旅客機の数の1.5倍にもなります。(参照:マイナビニュース
日本では、ビジネスジェットというと、ラグジュアリーアイテムとして見られがちですが、日本を一歩外に出ると、ビジネスジェットはビジネスパーソンにとって欠かす事の出来ないビジネスツールなのです。
スクリーンショット 2014-10-05 14.56.44
出典:国土交通省 

こちらは、国別のビジネスジェット保有数をしめしていますが、日本は62機なのに対して、アメリカはその300倍以上の19,153機。

また、年間増加量は1000機とも言われています。
1機の価格がだいたい4億円ですから、市場規模は約4000億円。
これは、国内のゲーム市場や、ペット市場とほぼ同じ規模になります。
この大きなビジネスジェット市場にホンダは参入したのです。

ホンダはこの市場でシェア15%を目指しています。

当然ビジネスとして成立しますよね。

なぜ日本でビジネスジェットは普及しないのか?

medium_3578138522
世界でこんなにも使われているビジネスジェット、どうして日本ではあまり使われないのでしょうか?
その1つは空港の数でしょう。
アメリカには15079ヶ所に空港があるのに対して、日本の空港の数はたった176ヶ所ですから。
日本では、きっと多くの人が、わざわざ遠くの空港に行くのなら新幹線に乗ると言うと思います。
また、維持費も大きく違います。
小型飛行機の駐機代は、アメリカは約$300(約3万円)なのに対して日本では約16万円ですから。
まあ、とにかく、日本ではなかなかお目にかかれない小型飛行機も、世界ではたくさん飛んでるわけです。
これから国産飛行機ホンダジェットが世界中の空を飛び回ると思うと、なんだか誇らしいですね。
面白いと思ったら是非シェアをお願いします↓↓↓

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る