こんなに変わったの!?1分で見る「F1」10年の歴史

image

生物の進化は、たった10年、それどころか100年やそこらでは大きく目立った変化はありませんが、F1はこの10年間で大きく変化してきました。

今日はそんなF1の変化がとてもよく分かる動画をご紹介したいと思います。

レギュレーションの変化の歴史

そもそもこの変化の原因は、毎年のように変更されるレギュレーションにあります。

2006年

今から約10年前の2006年、これまでの3000ccから2400ccのV8エンジンへとエンジン規定が変更されました。
その背景には、F1チームの参加費が巨額になったために、経費削減の目的がありました。

2009年

その後、2009年には、順位変動によるレースの活性化を目的に、前後ウイングの大幅な小型化とディフューザーによるダウンフォース発生量の安定化が図られました。
これによって、これまでの流線形の複雑な形状だったウイングが、真っ直ぐとシンプルな形状になりました。

2014年

そして、2014年、さらにエコカー主流のトレンドに影響を受け、過給機付きV6エンジンへと規定が変更されました。

これらの変化によってF1はどのような進化を遂げたのでしょうか。

是非下の動画を見てみて下さい。

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る