ダイハツの『タント』という軽自動車が日本代表と高評判な理由

tanto13

今日は日本の車のデザインに関する本のご紹介です。

日本のデザイン――美意識がつくる未来 (岩波新書)

多くのデザインプロジェクトに携わり、世界中から高い評価を得てきたデザイナーが日本の未来に向けて語った書。

私にも、共感できる部分が多くありました。

資源の無い日本だから生み出せたものがある

まず、本書で著者は日本についてこのように書いています。

「日本には天然資源がない。しかし、この国を繁栄させてきた資源は別のところにある。それは、繊細、丁寧、緻密、簡潔にものや環境をしつらえる知恵であり感性である。天然資源は今日、その流動性が保証されている世界においては買うことができる。
(中略)
しかし文化の根底で育まれてきた感覚資源はお金で買うことはできない。求められても輸出できない価値なのである。」

そして、我々日本人は、自らの文化が世界に貢献できる点を、資源からあらためて見つめ直してみてはどうだろうかと提案します。

現在、多くの国で、日本の「おもてなし」が評価されはじめています。
これも日本特有の感覚資源だと思いますが、本書を読んで、「おもてなし」と同じように、日本人特有の緻密さや繊細さが世界に類を見ない日本特有のデザインを作り上げていることに気付きました。

日本人だからこそ生み出せた車

本書では、クルマ、家、ファッションなど、様々なデザインについて触れていますが、その中で、クルマを例にとると、著者は以下のように言っています。

「トヨタ、日産、ホンダのデザイン部門の人々と会して、意見交換をしていた時のことである。今の日本のクルマでユニークなものは何かという話題で意外な意見の一致をみた。3社の人々が共通して指摘したのが、ダイハツの『タント』という軽自動車である。

このクルマのどこが特徴的かというと、それは軽自動車の基準、すなわち、長さ・幅・高さの基準をいっぱいに活かした、極めて率直な四角い形状にある。
軽自動車の基準を最大限に活用しようという長年の工夫が実って、単に小さいだけではない、知恵と技術が凝縮した『四角いかたち』が育まれてきたのである。おそらくこれから、世界に認知される『JAPAN CAR』のひとつの典型をなす形である。」

とても印象深いエピソードでした。

ダイハツのタントは、日本だからこそ生まれたデザインというわけなんですね。

10502014_200909 tanto13

このような日本のデザインをもっと積極的に世界にアピールしていけば、いつか日本らしいデザインが日本の新たなアイデンティティとなる日がくるのかもしれません。

そんなデザインをエンジニアが技術力で支えられるように今後も頑張っていただきたいものです。

 

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る