衝撃的!タカタが開発していたエアバッグが先進的すぎる!

rwd

前回タカタ問題について書きましたが、今回はそんなタカタが現在開発している先進的なエアバッグをご紹介します。

前回も書きましたが、タカタは自動車の安全部品(シートベルトやエアバッグ)を製造する日本最大のメーカーです。
そんなタカタは、現在リコール問題で株価が大暴落していますが、私自身タカタさんと仕事でお付き合いがあったときは、本当に技術力の高い素晴らしい会社だという印象でした。

これからご紹介するタカタの先進的なエアバッグを見て頂ければ、その事を理解して頂けるのではないでしょうか。

それでは参りましょう。

エアベルト

スクリーンショ1ット-2014-11-23-12.36.58-のコピー スクリーンショット-2014-11-23-12.36.58 スクリーンショット-2014-11-23-12.37.39

このエアベルトは、衝突時にシートベルトが頭部横から肩、胸にかけて膨らみ、前面衝突だけでなく、側面衝突の際には頭部を保護する世界初の全く新しい乗員拘束システムです。 前面衝突時には、エアベルトが膨らむと同時にエアベルトの長さが収縮して余分なたるみを取り拘束性能を高め、膨らむことでベルトによる乗員の胸部の接触面積が広がり、体に加わる衝撃を分散し傷害を軽減します。側面衝突時には頭部横で膨らんだエアベルトが瞬時に頭部を拘束しサイドウインドウや車内構造物などとの衝突から乗員を守ります。(タカタ株式会社ホームページより抜粋)

一見普通のシートベルトですが、衝突を検知すると、ベルト自体が膨らんで、乗員の安全を守るそうです。
シートベルトの中にエアバッグを組み込むという発想がすごいですね。
ちなみにこれは、すでにLEXUSのLFAに搭載されている製品のようです。

二輪車用エアバッグ

rwd 1352531838

タカタが世界で初めて量産化した二輪車用エアバッグは、ガソリンタンク後部に搭載され、前面衝突時にハンドルとライダーの間に展開し、ライダーが前に飛び出すのを受け止めます。 二輪車用エアバッグの容量は、車で一番大きい助手席用エアバッグに比べてもさらに大きなエアバッグです。また、中央がくぼんだV字形状をしており、車体に固定する支持ベルトが付いているなど、車に搭載されているエアバッグとは異なった特徴を持つエアバッグです。 ライダーの前方移動を瞬時に展開したエアバッグで受け止めることで、運動エネルギーを吸収し、車や道路との衝突を軽減する(新しい)コンセプトのエアバッグです。(タカタ株式会社ホームページより抜粋)

二輪車というと危険なイメージがありますが、このエアバッグがついていれば、安心ですね。

フロントセンターエアバッグ

881e6373 front_center_airbag2-e1359534388630

側面衝突は乗員から見ると、自分から近い側(ニアサイド)の衝突とその反対側、つまり自分から遠い側(ファーサイド)の衝突の2種類があります。 現在法規やアセスメントで評価されているのはニアサイドのみですが、事故から乗員を守るためにはファーサイドの衝突をもケアしなければなりません。 フロントセンターエアバッグは左右二つの席の間に展開してどちらの衝突からでも乗員を守ることを目的に開発しています。(タカタ株式会社ホームページより抜粋)

実際の事故では前後左右様々な方向からの衝突が起こりえます。
そんな様々な方向からの衝突にも対応できるようにと開発されたのがこのエアバッグです。
車のドア側から出てくるサイドエアバッグと、この車の内側から出てくるフロントセンターエアバッグを組み合わせれば、どんな事故でも確実に車の中で乗員を優しく受け止めることができます。

 

いかがでしたでしょうか。

車はとても楽しい乗り物ですが、時として、乗員や周囲の人を傷つける凶器となりうるものです。
そんな車のネガティブな部分をタカタのような会社が少しでも減らそうと日々取り組んでいることを是非覚えておいて頂けると嬉しいです。

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る