自動車大国アメリカが選んだ2014年のナンバーワンSUVはこれだ!!!

今日は、アメリカのConsumer Reportsが発表した2014年最も評価の高かったSUVランキングをご紹介したいと思います。

どんな車がランクインしているのでしょうか。
さっそく見てみましょう。

【10位】 SUBARU XV Crosstrek Hybrid

CR072K14-Subaru_XV-Crosstrek_14_2826_PROFILE

インプレッサワゴンをベースに、車高を上げ、走破性を良くしたこの車。
使いやすいキャビンと頑丈そうなイメージで好評を得ています。
しかし、最も注目すべきは、クラスで唯一のHybrid車ということ。
Consumer Reportsの燃費試験では、28mpg(約12km/L)を記録し、このセグメントでは燃費No.1の評価でした。

【9位】 MAZDA CX-5

CR042k14-Mazda_CX-5_14_2711_FL

「Zoom-zoom」というマツダブランドから来るそのハンドリングや加速性能の良さのみでなく、燃費の良さも評価されています。
また、このセグメントで唯一MT(マニュアルトランスミッション)を持つことも注目すべきポイントです。
さらに、内装の高級感も他車に対して突出しているとの評価でした。

【8位】 NISSAN Rogue

Nissan_Rogue_14_2823_PROFILE

日本名はエクストレイル。
モデルチェンジによって、大きくそのデザインを変更してきました。
これにより、室内は広く、インテリアは使い易くなりました。
特に、90°開く後席ドアによって、乗り降りのし易さはクラストップレベルまで改善しています。
また、ハンドリングの良さも評価されています。

【7位】 VOLKSWAGEN Tiguan

CR042k14-Volkswagen-Tiguan_12_2676_PROFILE

ややラグジュアリー寄りのこの車。
力強い走りとシャープなハンドリングが評価されています。
さらに、200馬力を超える2.0Lターボチャージャー4気筒エンジンは、パンチのある走りと、燃費の良さを両立させる、素晴らしいエンジンだと評価されています。
一方で、ボディ剛性がやや足りないところが減点ポイントのようですね。

【6位】 SUBARU XV Crosstrek

CR042k14-Subaru_XV_Crosstrek_13_2746_FL

ハイブリッドモデルに比べて、力強さを印象付けられるとの評価。
また、日産ジュークやMiniカントリーマンなどの競合車よりも室内が圧倒的に広いところと評価されているポイントです。
さらに、ハッチバック車よりも力強いスタイリングと使い勝手の良さを求めるユーザーにはちょうど良い車だとコメントされています。

【5位】 FORD Escape 1.6L

2014_Ford_Escape

キビキビとしたハンドリングとしなやかな加速で運転していて楽しいとの評価。
また、キャビンの静粛性はこのクラスで最も優れていると言っています。
さらに、このダウンサイジングエンジンは力弱さを感じさせず、中間加速の良さは、まるで2.0Lエンジンかのようだとコメントされています。

【4位】 TOYOTA RAV4

RAV4_Icon_3R3_29_specs

約20年前に、SUVのパイオニアとして登場したRAV4ですが、その堅実なパフォーマンスは今も変わりません。
特に一番の特徴は、後席の広さとラッゲッジの広さだとコメントされています。
車両サイズは前型車よりも少し小さくなりましたが、後席とラッゲジは逆に広くなったそうです。
また、もう一つ良い評価を得ているポイントは信頼性です。
中古車としての価値が高いことが評価されています。

【3位】 HONDA CR-V

2015-Honda-CR-V-first-drive-ATD-f

4位のRAV4同様、広い室内とラゲッジの広さと使いやすさが評価されています。
また、今年、マイナーチェンジでフロントグリルとヘッドライトのデザインが一部更新されるのと、衝突回避システムなどの先進アイテムが搭載されます。
これらの先進装備が充実している点も評価されたポイントのようです。

【2位】 FORD Escape Titanium2.0

2014_Ford_Escape_S_683462_i0

231馬力の2.0Lターボチャージャー付4気筒エンジンを搭載しているこの車。
レスポインスの良い加速が非常に高く評価されています。
また、モーションセンシングのオートバックドアや、その他先進アイテムを多く搭載していることも評価されているポイントのようです。

【1位】 SUBARU Forester

CR042K14-Subaru_Forester_14_2776_PROFILE

堂々の第1位は日本のスバル フォレスターでした。
記事では、「CX−5のようなハンドリングの良さや、Tiguanのようなスタイリングの良さは無いが、このクラスの車の中で最も実用的に使える車だ。」と評価されています。
燃費も悪くなく、後方の視界も見易くて、ラゲッジルームも広い、と全てにおいて平均点以上で、大きな欠点が無いことが高く評価されたポイントのようです。
さらに、スバル EyeSightを始めとする先進アイテムについても高く評価されています。

さて、本日は、アメリカの雑誌Consumer Reportsで紹介されていた、2014年最も評価が高かったSUVランキングをご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?
是非、SUVの購入を検討されている方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク