これ本気なの? 思わず笑ってしまう自動車メーカーの特許3選

landscape-1441894653-landscape-1441891798-patent-lede

今日は自動車メーカー各社が真面目に書いたちょっと面白い特許をご紹介したいと思います。

特許は、有用な発明をなした発明者またはその承継人に対し、その発明の公開の代償として、一定期間、その発明を独占的に使用しうる権利(特許権)を国が付与するものである。 特許権は、無体物(物ではない、形のないもの)である発明に排他的支配権を設定することから、知的財産権のひとつとされる。(Wikipedia)

特許とは、みなさんもご存知の通り、他社に先駆けて発明した有益な新技術に対して、他に真似されないように、その技術の所有権を取得するためのものです。
当然、正式な書面のため、作成にも時間がかかる上に、登録するだけでも費用がかかります。
しかし、そんな本来は真面目に書かれるはずの特許に、「これ本気?」とついついツッコミをしたくなるような、ちょっと面白い特許がありましたので、ご紹介します。

Hyundai スライドドアガルウイング

Hyundai-Patent-Application-Sliding-Gullwing-Doors

普通のスライドドアのミニバンのように見えますが、なんとこのドア部分がガルウイングのように上に開くのです。

スクリーンショット 2016-03-31 9.20.18

このヒュンダイの特許によると、車の側面全体を上に開くようにすることで、キャンンプなどのレジャーの際に、荷物を降ろしやすくなると言います。
今後ヒュンダイのミニバンのドアはガルウイングになるかもしれません。

Ford タイヤが一輪車に早変わり

1451409038-ford1451407148-screen-shot-2015-12-29-at-112415-am

なんと、車に折りたたみ式の電動一輪車を格納しておくことで、車のタイヤの1つを使って即座に電動一輪車を作れてしまうという技術のようです。
「毎回ジャッキアップしてタイヤを外すの?」とか、「電動一輪車を格納しておくのであれば、最初からタイヤ付きのものを積んでおけばいいのでは?」など、ツッコミどころ満載な気がしますが、これも実際にフォードから提出された立派な特許です。

Toyota 空飛ぶプリウス

landscape-1441894653-landscape-1441891798-patent-lede1441894611-syn-roa-1441891852-patenta 1441894612-syn-roa-1441891892-patentb

プリウスのようなスタイリングの車の上部に何枚かの翼が重ねられています。
この翼を展開することで、揚力を得て、空を飛ぶというコンセプトのようです。
トヨタがこのような特許を出しているということは、空飛ぶ車の時代もそう遠くはないのかもしれません。

いかがでしたでしょうか?
今日は、自動車メーカー各社が出した面白い特許をご紹介しました。
これらを見ると、各社が日々常識にとらわれない革新的な開発を行っていることがよくわかります。
ただ、これがどの程度実現性があるものかは別の話かもしれません(笑)

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る