【2016年】自動車メーカー各社のエイプリルフールの嘘を総まとめ

section2

4月1日といえば、エイプリルフールです。
みなさんは、どんな嘘をついたでしょうか。

昨年のエイプリルフールに引き続き、今年も自動車メーカー各社が思考を凝らした嘘をついていました。

そこで今日は、自動車メーカー各社がついた嘘をまとめてみましたので、ご紹介したいと思います。

Audi 顔文字LEDヘッドライト

section1

アウディはドライバーのコンディションを顔文字で周囲に知らせることができるLEDヘッドライトを新型A4に搭載すると発表しました。

ヘッドライト上に表示される顔文字は2タイプ。
ドライバーの状態が正常な時は、<normal mode>としてヘッドライト上に顔文字 \(^o^)/ が点灯。
万が一健康状態に不調が検知された場合は<dull mode>(; ´ Д `)が表示されると言います。

section2

この新しいシステムによって、暗い夜でも周囲にドライバーの状態をスピーディに伝えることができるとのこと。

さらに、オプションとして、リアランプにも顔文字システムを追加できるそうです。
高速道路の合流や、やや無理目の車線変更時など道を譲ってくれた相手にお礼の意味を込め、LEDリヤコンビネーションライトに、<thanks mode>(人´ ∀ `)を表示させます。

section4

ホームページに特設ページを設けるなど、かなり手が込んだ仕掛けでしたが、これはエイプリルフールの嘘でした。

Audiのエイプリルフール用ページはこちら

Porsche オイルとタイヤの香水を発売

次にご紹介するのはポルシェです。

ポルシェは公式Twitterで、ポルシェに乗りたくても乗れない人たちのために、ポルシェのモータースポーツスピリットをいつでも感じられるように、オイルとタイヤの香りの香水を発売すると発表しました。

スパークプラグのような形をした容器に入り、なんとなくオシャレな感じがしますね。 しかし、残念ながら、これもエイプリルフールの嘘でした。

日産が日清とUSOを共同開発

日産自動車と日清食品は4月1日、最先端技術を用いて共同で飛行物体「USO(未確認虚偽物体)」を開発したと発表しました。

USOは、東京都新宿区にある日清食品の本社から、神奈川県横浜市にある日産自動車の本社を目指し飛び立ちましたが、途中進路を変更し、福井県のニッセン物流センターに不時着したとのこと。

これも当然エイプリルフールの嘘。

昨年はニッセンとのコラボでしたが、今年は日清まで巻き込んで3社のコラボレーションに発展しています。


この企画を告知するために、梅宮辰夫さんが出演する動画が作成され、そのシュールさも話題を呼んでいます。
なお、日清は日産焼そばU.S.O.を4月1日のエイプリルフールにあわせて企画し、よみうりランド内にオープンしたばかりの「グッジョバ!!」で無料配布されたそうです。

なんと限定400個が約15分でなくなったと言います。

SUBARU アイサイト付きヘルメットを発表


このヘルメットをかぶることで、ビジネスでの事故を低減できるとのこと。

image_01 image_02 image_03 image_04 image_05

当然エイプリルフールの嘘です。

こんなヘルメットをかぶっているだけで、会社ではたくさんの事故を呼びそうですよね(笑)

Google 自動運転自転車を開発

スクリーンショット 2016-04-03 15.04.51

Googleは自動運転”自転車”を開発したと発表しました。
基本的に自動運転自動車の技術を採用しているそうですが、それに加えて自動でバランスをとり、2輪で走行するための技術を搭載していると言います。

すでにオランダ アムステルダム市からは走行許可が下りており、開発支援も受けていると言います。
当然エイプリルフールの嘘ですが。

いかがでしたでしょうか?

今年も各社思考を凝らした嘘で楽しませてくれました。

年々嘘が凝ってきているように感じますが、来年はどんな嘘をついてくれるのでしょうか?

今から楽しみです。

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら
20180722223003

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る