【衝撃の結果!】テスラ モデルSとボーイング737-800の直線レース

スクリーンショット 2016-04-06 0.14.49

テスラモデルSがボーイング737-800と直線レースをした動画が話題を集めています。

フロントとリアにそれぞれモーターを抱えた4WDのモデルSは、760馬力で、0−100km/hたったの2.6秒というまさにモンスターマシンです。

スクリーンショット 2016-04-06 0.14.08

一方のボーイング737-800は、最大12.4トンもの推力を発生させ、その最高速度は805km/hにも及びます。

スクリーンショット 2016-04-06 0.13.02

そんなテスラモデルSとボーイング737-800が約3kmに及ぶ滑走路でレースを行いました。

その衝撃的な結果は、是非動画でチェックしてみて下さい。

ボーイングに差をつけたテスラ モデルS

驚くべきことに、出だしで大きく差をつけたモデルSは、ボーイング737-800にどんどん差を縮められるも、最後、離陸速度になったボーイングに依然として差をつけていました。

スクリーンショット 2016-04-06 0.14.49

やはり、一般的な4WDと違い、前輪と後輪それぞれに独立したモーターを搭載していることで、ダイレクトにアクスルにトルクを伝えられるため、この加速が実現しているのだと思います。

スクリーンショット 2016-04-05 23.57.23

実際にこの加速は、日産GT-Rやランボルギーニ アベンタドールをはるかに上回ります。

私も何度かテスラ モデルSを運転したことがあるのですが、その加速は一度味わうと癖になります。

きっと日常的にテスラの車に乗っていたら、エンジン車はもう乗れなくなってしまうのではないでしょうか。

先日テスラ モデル3が世界中で多くの先行予約を受注したとご紹介しましたが、このテスラの加速をより多くの人が知ることで、エンジン車と電気自動車の勢力図が少しずつ崩れてくるのかもしれません。

そんな中、日本メーカーが次打つ手はどうあるべきか。
大きな課題だと思います。

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る