【やっぱりSUVは燃費と荷室広さで選ぶべき!!!】国産車エンジニアが本気でオススメするSUV

こんばんは。

国産車エンジニアすえながです。

突然ですが、みなさんはどのような車が好きですか?

私は最近SUVが好きです。

SUVとは、Sport Utility Vehicle(スポーツ多目的車)の略。
セダン等の車とは違い、走破性が良く、どこでも気にせずに走ることができることが特徴です。

luxury-diesel-suv-comparison-04-2

SUVの魅力と欠点

さらに、荷室の広さもSUVの魅力の1つだと思います。
まさに名前の通り、多目的に使える便利な車です。

一方、SUVの欠点をあげるとすると、燃費です。
小型車やセダンタイプの車と比べると、やはり燃費が劣ります。

けど、「燃費が良くて荷室も広いSUVが欲しい!」というわがままなみなさんのために、今日は、アメリカのConsumer Reportsという雑誌の記事をご紹介したいと思います。
この記事では、今発売中のSUVの荷室広さと燃費を比較し、オススメランキングを発表しています。

是非SUVを購入する際の参考にしてみて下さい。

※一部日本で未発売の車もあります。ご了承下さい。
※評価内容は全てConsumer Reportsの基準によるものです。
参照:Consumer Reports

オススメ度1位)SUBARU Forester

2014-Subaru-Forester-22 J501SSC000-subaru-forester-cargo-tray-2013

SUBARUのForesterが燃費1位、荷室広さ3位で、オススメ度1位です。
アメリカでは、「SUBARU」はとにかく人気で、”頑丈”で”パワフル”なイメージとして、「SUBARUブランド」が確立しています。
その中でも、「Forester」は最も人気の車種。
Consumer Reportsでは、燃費と荷室の評価の高さから2014年ナンバーワンSUVにも選ばれています。
『自動車大国アメリカが選んだ2014年のナンバーワンSUVはこれだ!!!』

オススメ度2位)MAZDA CX-5

mazda-cx-5-2 cargo_IM

続いて、MAZDAのCX−5が燃費2位、荷室広さ4位で、オススメ度2位。
日本でも人気のCX−5ですが、アメリカでも非常に人気があり、特に燃費の良さが高く評価されています。CX−5を購入した人の多くが、「この車が買った理由は?」という質問に対して、「燃費が良いから」と答えたそうです。

オススメ度3位)TOYOTA RAV4

toyota-rav4-2013-exterior-tme-008-a-full_tcm376-1204190 trunk.jpg

燃費3位、荷室広さ1位でTOYOTAのRAV4が3位にランクイン。
残念ながらこの車はまだ日本では発売されていませんが、とにかく荷室のボード面高さが低く、バックドアを開けた瞬間から「広い!」と思うほどです。

オススメ度4位)NISSAN X-Trail(アメリカ名:Rogue)

2014-Nissan-Rogue-SUV-S-4dr-Front-wheel-Drive-Photo-3.png 6a00d83451b3c669e2019b01be2cbd970d-800wi

NISSANのX−Trailが燃費3位、荷室広さ7位でオススメ度4位。
荷室広さは7位で、そこまで広くはありませんが、荷室のボードを様々な形にアレンジすることが可能で、その使い勝手の良さが評価されています。

オススメ度5位)HONDA CR-V

2014_honda_crv 2011-honda-cr-v-ex-l-cargo-area-photo-402763-s-1280x782

続いて、HONDAのCR-Vが燃費5位、荷室広さが2位でオススメ度5位です。
オススメ度は5位でしたが、販売台数で見ると、SUVの中では、今アメリカでダントツの1位です。

以降のランキングは以下をご覧下さい。

スクリーンショット-2015-02-08-0.04.13

いかがでしたでしょうか?
本日は、SUVの燃費と荷室広さの比較をご紹介しました。

是非、SUVを購入される際には参考にしてみて下さい。

以上、国産車エンジニアすえなががお送りしました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク