【アウディからスバルまで】各自動車メーカーのエンブレムの意味を徹底解説【総まとめ】

img_0-2

本日は、自動車のエンブレムの由来について整理したのでご紹介したいと思います。

どの車にも、必ずそのメーカーのエンブレムが付いています。
ホンダやマツダのエンブレムはとてもわかりやすいのですが、中には、どうしてそんなエンブレムなの?というメーカーが幾つかあります。

ホンダの「H」の字を模ったエンブレム

ホンダの「H」の字を模ったエンブレム

マツダ「M」の字を模ったエンブレム

マツダの「M」の字を模ったエンブレム

ただ、調べてみると、そんなエンブレムにも、それぞれ込められた想いがありました。

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

スバル

img_0

スバルの「六連星マーク」は1958年登場のスバル・360にて、富士重工業の社内募集案に、 スバル・360の基本デザインを担当した社外工業デザイナーの佐々木達三が手を加えたものを採用したのが起源であると言われています。

スバルとは、元々おうし座のプレアデス星団のことを指す言葉です。

プレアデス星団

プレアデス星団

日本ではプレアデス星団のことを昔から「六連星」と呼ばれていました。

富士重工業が旧・中島飛行機系5社を吸収合併するという形で誕生したことから、この「6社を統合する」という意思が込められました。

 

トヨタ

vell_emb_after

現在のトヨタマークは、1989年10月、会社創立50周年を記念して発表されたものです。
このトヨタマークは、3つの楕円を左右対称に組み合わせています。

マーク内部のふたつの楕円の組み合わせはトヨタの「T」を表現すると同時に、ステアリングホイール、つまり自動車そのものも意味しています。
もう1つの楕円で「クルマのユーザー」と「トヨタの心」がつながるつなぐ世界を表現しています。

このマークは、1989年10月に発売された「初代セルシオ」で初採用され、その後、他車種にも展開されました。

初代セルシオ

初代セルシオ

 

日産

060902_Z_renderB

日産自動車のロゴはもともとダットサンで使われていたもので、吉崎良造と田中常三郎がシボレーのマークにヒントを得て、 赤の日の丸と太陽をベースに天空をモチーフとしたコバルトブルーをいれ、真ん中に白で横一文字で「DATSUN」と書かれていたのが前身です。

img_4

その後、文字を筆記体のカタカナで「ニッサン」と書き直し日産コンツェルン全体の社紋として統括企業に普及するが、 戦後の財閥解体とともに日産自動車のみの社紋としてローマ字表記の「NISSAN」に変更となりました。

nissan

2001年には、1999年以降のルノー傘下になってからのゴーン体制下でデザインが社内コンペで募集されより立体的なものとなったロゴ及び書体に一新され、2001年にフルモデルチェンジしたシーマ、 プリメーラから採用されて現在に至ります。

 

アウディ

DSC_0025

アウディのエンブレムは4つの輪を組み合わせたもので、「フォーシルバーリングス」と呼ばれます。
アウディの前身のアウトウニオン社のエンブレムに手を加えたもので、アウトウニオン社設立に参加した4社の団結を表しています。
なお、左から順にアウディ、DKW、ホルヒ、ヴァンダラーを指すものとされています。

 

メルセデス・ベンツ

013_o

メルセデス・ベンツのエンブレムは、合併前のダイムラー社が使用していたスリーポインテッド・スターとベンツ社の円形月桂冠とを併せてデザインされたもので、3点にはそれぞれ「陸・海・空」の各分野でダイムラーベンツ社の繁栄が込められています。

 

BMW

img_0-2

白と青を十字で区切ったようなデザイン。
青は「空の色」、白は「雲の色」を表しており、十字は「飛行機のプロペラ」をイメージしたものです。

BMWは元々航空機のエンジンメーカーとして出発した企業で、BMWという社名は、Bayerishe Motoren Werksを略したもので、バイエルンのエンジンメーカーという意味です。

 

いかがでしたでしょうか。
馴染みのある自動車メーカーのエンブレムも意外とその由来は知らないものです。

由来を知ると、そのメーカーの印象も変わってくるかもしれません。

 

参考:Wikipedia由来島.jpトヨタホームページドイツ車徹底解説

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る