国産車エンジニアがフォルクスワーゲンが絶対に復活すると思う理由

150921_gq0oh_volkswagen-automobile_sn635

42-77096453

排気ガス不正問題で世界中を騒がせたフォルクスワーゲンですが、私は、フォルクスワーゲンは非常に技術力の高い会社であり、必ず復活すると思っています。

(排気ガス不正問題についてはこちらの記事をご覧下さい。)

その理由は、中国などへの「新興国シフト」、MQBと呼ばれる「モジュール化」の推進などがありますが、それだけではないのです。

今日は、そんなフォルクスワーゲンの歴史を紐解くとともに、私が思うフォルクスワーゲンの本当の強さの理由をご説明したいと思います。

フォルクスワーゲンブランドを築き上げたフェルナンド・ピエヒ

20_l

フォルクスワーゲンには、フェルナンド・ピエヒという、非常に車作りについて熱い想いをもった創業者がいます。

フェルナンド・ピエヒは、名作フォルクスワーゲン・ビートル等を手掛け、戦後ポルシェを創業したフェルディナント・ポルシェの孫にあたります。
チューリッヒ工科大学で修士号を修得した後、1963年に一族が支配するポルシェに入社し、主にレーシングカーの設計エンジニアとして活躍していました。
その後はアウディに移籍し、1988年にはアウディの取締役会長に就任します。さらに、1993年にはフォルクスワーゲンへ移り、同社会長を務めました。

このフェルナンド・ピエヒ、とにかく車に対して熱い人間だったそうです。
そのピエヒの熱い想いが形になったモノがドイツにあります。
それが、「アウトシュタット」と「ガラスの工場」。

自動車の街「アウトシュタット」とは?

アウトシュタットは、ドイツ語で「自動車の街」という意味の、フォルクスワーゲン本社工場に隣接した、ミュージアム、パビリオン、レストラン、ホテルなどを収めた世界最大の自動車のテーマパークです。

Autostadt.campus 2012-volkswagen-beetle-in-autostadt-car-silo-interior-view autostadt08_DW_Son_1109220s

フェルナンド・ピエヒは、当時、ドイツ全体の高い失業率が社会問題とされていたことへの対策としてアウトシュタットの建設を決定し、2000年のハノーバー万博開催に合わせてオープンしました。
フォルクスワーゲンの車が作られているウォルフスブルクという街をもっと身近に感じてもらうことによって、ユーザーとのつながりを強める、ウォルフスブルクに価値創出しようというピエヒの狙いが込められているそうです。(参照:ガジェット通信

東京ドームの5倍以上もの広い敷地の中には、超一流ホテルのリッツカールトンやミシュラン3つ星レストランのアクアなんかもあるのです。
以前はフォルクスワーゲン生産拠点という以外取り得のない街であったヴォルクスブルクですが、現在はアウトシュタット開業以来、一躍観光地として注目を浴びています。

スクリーンショット-2014-10-06-12.32.10 384492

全面ガラス張りの工場

20100424_604242 dresden_vw_2 dresden_vw_3

また、ドレスデンという街には、全面がガラスで作られたフォルクスワーゲンの工場があります。
この工場は、通常の自動車工場とは異なり、排煙や廃液などを一切出さず、壁はすべてガラス張り。
当然ガラスですから、全てスケルトンになっています。
したがって壁には、鳥が衝突してしまうことを防ぐための、特殊なスピーカーを設置していると言います。

どうしてそこまでしてガラスの工場を建てたのか。
それは、ピエヒの「これまで3K(きつい、危険、汚い)的に見られていた自動車工場に対する人々のイメージを改めさせたい」という想いがあるそうです。

現在はこの「ガラスの工場」も自動車ファンにとって人気の観光スポットになっています。

ブランドを築き上げるのに大切なものとは?

アウトシュタットにしてもガラスの工場にしても、会社の利益という観点で見ると、決して効率の良いものではないはず。

効率の良い車作りをして利益率を上げようとするMQBの考え方とは相反するように思えてしまいます。
しかし、車に対する熱い想いをカタチにする、そしてそのことには徹底的に投資をする。
それがフォルクスワーゲンのやり方のようです。
モータージャーナリストの岡崎宏司氏はこのように語っています。

「自動車会社の理想とは、車を売ると同時に、社会や未来に対する夢や希望を与えることであるべきです。
人に希望を与えられるのは、人の熱意しかない。」

「アウトシュタット」「ガラスの工場」、これらに裏付けされるようなフェルナンド・ピエヒの熱い想いがあったからこそ、現在のフォルクスワーゲンブランドが築き上げられたのだと思います。
そして、それが今後フォルクスワーゲンが復活する原動力になるのではないかと思えるのです。

みなさんはどう感じられたでしょうか?

参考文献:フォルクスワーゲン&7th ゴルフ 連鎖する奇跡

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る