【スズキ ハスラー 試乗レポート】RJCカーオブザイヤーに輝いたその実力は本物か!?

IMG_0248

 

今日は、2014年RJCカーオブザイヤーに輝いたSUZUKIのハスラーに試乗してきましたので、その感想をご紹介したいと思います。

ハスラーの購入を検討されている方は是非参考にしてみて下さい。

そもそもRJCカーオブザイヤーとは?

RJCとは、自動車ジャーナリストや学識経験者などから構成されているNPO法人「自動車研究者・ジャーナリスト会議(Automotive Researchers’ & Journalists’ Conference of Japan)」。
その活動は、研究委員会による研究活動や、国土交通省や道路公団、損外保険協会などとの研究会を通じて、道路行政への提言などを行なっています。

そんなRJCがその年最も優れた車を表彰するのがRJCカーオブザイヤーです。

RJCホームページはこちら

2014年のRJCカーオブザイヤーに輝いたのSUZUKI ハスラー

mainimage

2014年RJCカーオブザイヤーに選ばれたのが、SUZUKIのハスラーです。
受賞理由は、

ライトな感覚の軽自動車SUVとしての新しいジャンルを開拓した。
動力性能ばかりでなくボディカラーなどの色に対する配慮も行き届いている。
しかも街乗りにも充分な快適性を備えている。
広い意味でユーザーに夢を与えてくれるクルマである。家族でも、一人でもペアでも楽しめる。
その懐の深さと新鮮さを高く評価した。

とのこと。

さっそく試乗!!!

試乗の様子はこちらをご覧下さい。

試乗して思ったこと

上の映像の中でも言っていますが、私たちが感じた感想は以下です。

名称未設定-4.001 名称未設定-4.002

特に気になったのは、加速時の騒音と非力なエンジンです。
まあ、今回乗ったのは、ターボではなくNAの車だったのですが、それにしても、加速が物足りなく、車線変更した時の伸びの無さは少し戸惑いしました。

それとハンドリングでしょうか。
安定感がなく、少し不安になってしまうような感じでした。

ただ、アイドリングストップへの入りはとてもスムーズでいつエンジンが止まったか気付かないほど。

また、車高が高いため、視界がとても広く感じとても運転はし易かったですね。

あとは、ポップなデザインも面白いですね。
外装と同色のインストもオシャレです。

色々書きましたが、全体的にすごくよくまとまったいい車なのではないでしょうか。
街乗りには十分です。
ただ、見た目のように少しSUVさを期待してしまうと、残念に思うかもしれません。

いかがでしたでしょうか?
少しでもみなさんの車選びの参考になれば嬉しいです。

 

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る