世界で最も技術力の高い自動車メーカーはスバルだと思う理由

098816-iihs-highest-2014-top-safety-pick-award-earned-by-twenty.1-lg

今日は、私が考える技術力の高いメーカーについてお話ししたいと思います。

衝突安全性能で各メーカーの技術力がわかる!?

私は、衝突安全性能こそが、各メーカーの技術力を表すものだと思っています。

車の性能を表すものは色々とありますが、インテリアの品質や先進アイテムなどの、いわゆる魅力性能は、言ってしまえば、今の車に付ければよいだけ。
技術的な問題は少なく、車の原価が上がってしまうという問題はありますが、それは経営の話です。

しかし、衝突安全性能は、車の性能の中で唯一人命に関わる性能だけに、車の原価とかそういうものには、比べることができません。

つまりは、原価が上がってしまうからやらないという選択肢はなく、やるしかないのです。

その一方で、年々厳しくなる各国法規や、デザイン自由度の確保、燃費向上のための軽量化などを考慮して、衝突安全性能は常に進化していく必要があります。

そのため、自動車メーカー各社はコストや質量をかけることなく、デザインを犠牲にせずに、衝突安全性能をどう向上させるか凌ぎを削っているのです。

唯一”点数”として測れる性能

世界には、衝突安全性能を評価して、その結果を公表している機関がいくつかあります。

そこでは、様々な車種が同じ衝突実験をして、その結果を横並びで公開されるのです。

衝突実験は、ダミーと呼ばれる人型のセンサーを乗せて衝突実験を行なうことで、「傷害値」と呼ばれるダミーが受ける衝撃を数値化した値で評価されます。

IIHS_crash_test_dummy_in_Hyundai_Tucson

そのため、「傷害値」という客観的な数値として、車種ごとの差が見えてしまうのです。
つまり、この衝突実験の結果を見れば、本当に技術力があるメーカーがどこなのかわかってしまうのです。

傷害値だけでなく、衝突試験をした後の車の様子も公開されているので、「あのメーカーはこんなシステムを入れてきたのか」とか、「この車はうまく工夫しているな」といったことがわかってしまいます。

IIHSによって公開された衝突実験後のFORD EDGE

IIHSによって公開された衝突実験後のFORD EDGE

世界の衝突安全試験

世界には、衝突安全性能の評価を行なう機関がいくつかあります。

ここで1度、それらを整理しておきたいと思います。

基本的に各国、車の販売に対する法規を定めています。

衝突安全に関わるものは、日本だと国土交通相が、ある衝突形態での安全を担保できる車しか販売してはいけないと定めている法規があります。

情報公開試験

一方で、情報公開試験というものがあります。
NCAPという名前を車関係の雑誌や記事で目にしたことがあるという方も多いと思いますが、NCAPは、基本的には、国の機関(日本でいえば、国土交通相にぶら下がったNASVAという独立行政法人が、実施している)が実施している安全試験で、その結果はWEBなどで公開されます。

そうすることで、より安全な車を消費者に奨励するとともに、メーカーには、より安全な車作りを促しているのです。

MAZDA CX-5はJNCAP5⭐︎(最高評価)を獲得した

MAZDA CX-5はJNCAP5⭐︎(最高評価)を獲得した

また、NCAPの他にも、アメリカにはIIHSといういくつかの保険会社からの出資でできた機関があります。
IIHSは、元々保険金を下げる目的で、車の安全性向上を促進するために、設立された機関なのですが、積極的に事故調査などを行ない、独自の安全評価を実施していることでも有名です。

その結果は、アメリカの様々な自動車メディアの安全性を計る指標となっているほど。

IIHSは独自の衝突実験を行い、最も安全な車を表彰している

IIHSは独自の衝突実験を行い、最も安全な車を表彰している

衝突試験の導入で死亡事故が減った

世界で初めて衝突の情報公開試験が導入されたのは、1979年のアメリカでした。

1979-NCAP maxresdefault-2

それから、車の安全性は改善され、アメリカだけでなく、同様の試験が導入された日本や欧州では、車による死亡・重症事故の数は確実に減っていきました。

こちらの記事を読むと、衝突試験の導入前と後で、車の安全性がいかに進化してきたかがよく分かります。

【車の安全性はどう進化した!?】現代の車と50年前の車をぶつけてみた結果が衝撃的すぎた!

本当に技術力が高いのはどのメーカー?

では、実際にこれらの衝突試験の結果を見てみましょう。

一体技術力の高いメーカーはどこなのでしょうか?

例えば、こちらはIIHSの評価結果です。
Small Car(日本における中型のセダン・ハッチバック)の評価が良い車を見てみることにします。

スクリーンショット 2016-04-27 13.41.44 スクリーンショット 2016-04-27 13.41.50 スクリーンショット 2016-04-27 13.41.54

ここに挙げた車は全てTSP(Top Safety Pick)と呼ばれるIIHSの衝突安全試験で最高評価を獲得した車です。
結果を見てみると、TSPを獲得しているのは、軒並み日本車です。

その中でも、スバルは全ての評価で最高評価のG(Good)のとっています。

また、最も厳しいと言われるSmall overlap frontと呼ばれる実験で、全ての項目でGをとっているのは、スバルの3車種と、日産セントラ、レクサスCT200hと、新型プリウスだけ。

実験結果から見えてくるスバルの凄さ

実際にSmall overlap frontの実験結果の写真を見てみましょう。

api-rating-image.ashx

こちらは、トヨタ カローラ。
Aピラーとサイドシルが大きく折れ曲がってしまっています。

api-rating-image.ashx-2

次に、こちらがスバルのインプレッサ。
Aピラーは全く折れ曲がらずに、しっかりとキャビン(人が乗るスペース)を守っていることが分かります。
同じ実験をした後とは思えないほどの違いです。

スバルは他社に決してデザインで劣っているわけではありませんし、その他の性能が劣っているわけではありません。

エンジンが水平対向エンジンだというメリットもあるとは思いますが、それでも全ての車で最高評価をとっているところからすると、やはりスバルは技術力の高いメーカーだと認めざるを得ないのではないでしょうか。

みなさんはどう思われますか?

 

まとめ

  1. 誰もが力をいれるべき衝突安全性能だからこそ、衝突安全性能の良し悪しを見ればその本当に技術力のある会社がわかる
  2. 世界には、衝突安全性能を評価する機関がいくつかあり、性能が横並びで得点として発表される
  3. スバルは衝突安全試験の結果が軒並み高く、技術力のある会社だと言える

 

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る