【ついに本気を出してきた!?】北京モーターショーで発表された国産車が熱い!!!

infiniti-qx-sport-11

国産車メーカー各社が目を向けているのは、もはや日本ではなく、中国のようです。

それは、現在中国で開催されている北京モーターショーの各社の出展内容を見るとよく分かります。

日本では買えない車がズラリ

中国は今や誰もが知る自動車大国です。
年間の自動車販売台数は2,000万台を超え、2位のアメリカに大きくその差を広げています。
さらに、今後中国における自動車販売台数は増加の一途をたどると予想されており、2020年には、現在の倍になっているという予測もあるほど。

当然、そんな中国に自動車メーカー各社は力を入れてきています。
実際、国産車メーカー各社が中国で販売している車には、日本では販売していない中国専用の車が数多くあるのです。

では、そんな中国の北京で現在開催されているモーターショーでは、どのような車が発表されているのでしょうか?

見てみましょう。

MAZDA CX-4

日本でも発売されているクロスオーバーSUVの「CX-5」と「CX-3」の間に位置する、クーペスタイルのSUV「CX-4」が発表されました。

「CX-4」は、スカイアクティブ技術と、魂動(こどう)デザインが採用された中国専用モデルです。

_dsc7109 _dsc7107 _dsc7102 p1j12380s p1j12379s p1j12370s p1j12369s p1j12368s p1j12367s p1j12366s p1j12363s p1j12360s p1j12359s

マツダの稲本 信秀取締役専務執行役員は、「『CX-4』は、中国におけるマツダ新世代商品の第4弾であり、SUV需要の旺盛なこの市場において、マツダブランドのさらなる成長を支える商品です。今後もマツダは、中国におけるブランド強化に取り組みます。そして、クルマを通じてお客様の人生をより豊かにするブランドを目指します。」(出展:Car Watch)と述べ、中国市場の重要性を説いています。

「CX-4」のサイズは、全長4,633mm、全幅1,840mm、全高1,530mmと全高がやや低いものの、全長と全幅は、CX-5よりも若干小さいサイズ感です。

エンジンは、2.0Lガソリンエンジンと2.5Lガソリンエンジンが選べるそうです。

日産 ティーダ

日本では、2012年に販売中止となったティーダですが、中国では、そんなティーダの新型が発表されました。

このティーダは、現在ヨーロッパで販売されているパルサーを一部改良したもの。

1.6LエンジンとCVTを採用しています。

c8a5720b93b7103c c8a5720b93bc3c73 e6d43e83-6ac3-40be-b5b4-e882006f0d88-ChinaAutoShow_Cimi11 maxresdefault-3 7fa5720b93c0902a Nissan-Tiida-Beijing-2016-4

日産は、ティーダの他にも、現在アメリカで人気のマキシマも中国に投入する予定とのこと。

日産でグローバルマーケティング&セールス担当の副社長ダニエレ スキラッチ氏は、「ムラーノ、キャシュカイ、ラニア、マキシマ、そしてティーダという、人気の新型モデルの投入が続く中国市場は、日産のグローバル展開にとって重要な役割を持ち続けます。昨年度、東風日産は史上最高の年間販売台数を達成しました。将来の見通しも明るいものと考えています」(出展:Auto Blog)
と述べています。

このことからも、日産もマツダと同様に、中国市場を重要な市場としてとらえていることがわかります。

ホンダ AVANCIER(アヴァンシア)

ホンダの中国専用の高級SUVが発表されました。

このアヴァンシアは、ホンダの中国におけるSUVの最上級モデルだと言います。

エンジンには2.0Lターボエンジンを搭載し、さらに先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用しています。

honda-avancier-beijing-2016-13 maxresdefault-4 honda-avancier-beijing-2016-10 honda-avancier-beijing-2016-5 honda-avancier-beijing-2016-3

ホンダ社長八郷隆弘氏は、「2015年は、中国において100万台の販売を達成し、改めて感謝を申し上げたいと思います。2016年はさらなる飛躍の年ととらえ、ハイブリッド車やターボエンジンを投入し、現地化をさらに加速させてまいります。今後も中国においてHondaはチャレンジを続けていきます」(出展:Hondaホームページ)と述べており、中国を重要な市場としてとらえていることがわかります。

Infiniti QX Sport

日産の高級車ブランドInfiniti(インフィニティ)が発表した本格SUVのコンセプトカーです。

その大きさは、QX80よりもやや小さく、ポルシェのマカンとほぼ同じサイズのようです。

まだ詳しいことは発表されておらず、エクステリアとインテリアのデザインのみの発表だったそうですが、先日発売されたQ60クーペが当時のコンセプトカーほぼそのままのデザインで発売されたことを考えると、このQX Sportもこのデザインで発売されると考えてもよいのかもしれません。

rg-beijing-infiniti-qx-concept-1_1200 Infiniti-QX-Sport-Inspirationinfiniti-qx-sport-11 infiniti-qx-sport-inspiration-concept-2016-beijing-auto-show_100552748_h Infiniti-QX-Sport-Inspiration-8 infiniti-qx-sport-19

なかなか日本人から見てもかっこいいスタイリングだと思いますが、残念ながら日本での発売は今のところありません。

Acura CDX

ホンダが中国で展開する高級車ブランドAcura(アキュラ)の小型SUVです。

ホンダ ヴェゼルと同じプラットフォームを使用し、パワートレインは1.5Lターボエンジンと8速DCTを採用しています。

こちらも残念ながら日本での発売はありません。

acura-cdx-2016-beijing-reveal-1 acura-cdx-2016-beijing-reveal-2 acura-cdx-2016-beijing-reveal-6 dt-beijing-acura-cdx-1-1500x1000

 

いかがでしたでしょうか?

国産車メーカーがこれだけ、日本では発売しないモデルを中国に投入しているのです。

いかに、国産車メーカー各社が中国市場に期待を寄せているのかがわかると思います。

とはいえ、やはり日本にも発売してほしいものです。

みなさんはどう感じられたでしょうか?

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る