【超かっこいい!!!】日産パスファインダーがイケてる4つの理由

2017-nissan-pathfinder-30-2

1075779 2017_nissan_pathfinder_38-728x485

日産の大型SUVパスファインダーの2017年モデルがアメリカで発表され、かなりイケてるとアメリカで話題になっているようです。

そこで今日は、アメリカの有名自動車誌「Motor Trend」が発表した、日産パスファインダーがイケてる4つの理由をご紹介したいと思います。

アメリカで人気の大型SUV

今アメリカでは、3列シートを持つ大型SUVが非常に人気です。

家族みんなが乗れる車がほしいけど、ミニバンはちょっと嫌だという人にとってはうってつけの車なのです。

そんな3列シートを持つ大型SUVの日産パスファインダーは、現在のモデルで4代目。
2012年に発売されてから、競合のフォード エクスプローラやトヨタ ハイランダー、ホンダ パイロットに若干差をつけられていましたが、今回のマイナーチェンジで大幅に改良を加え、人気を取り戻しました。

フォード エクスプローラー

フォード エクスプローラー

トヨタ ハイランダー

トヨタ ハイランダー

ホンダ パイロット

ホンダ パイロット

それではさっそく、どんな点が評価されているのか見ていきましょう。

1.V6エンジン

2017-Nissan-Pathfinder-engine

マイナーチェンジ前と変わらず3.5L V6エンジンを搭載していますが、これまでのエンジンの50%以上の部品に改良が加えられました。
その結果、直噴化されパワーは284 hp、トルクは259 lb-ftというパワフルなエンジンに進化しています。

また、ピストンを新設して圧縮比を高めるとともに、エンジンブロックをアルミ化することで、エンジンの大幅な軽量化にも成功したそうです。

2.ドライビングダイナミクスの改善

2017-nissan-pathfinder-30-2

前後のショックアブソーバーは若干硬められたようですが、その一方でスプリングレートを25%向上したことにより、乗り心地が大きく改善しました。

また、ステアリングにも改善を加えたことで、よりクイックなハンドリングとなっているようです。

3.豊富な先進安全システム

2017-Nissan-Pathfinder-cabin-02

今回のマイナーチェンジで、自動ブレーキ、クルーズコントロール、障害物検知システムなど、従来はインフィニティ(日産の高級車ブランド)にしか付いていなかったような先進安全システムが標準設定となりました。

競合の大型SUVには付いていない装備だけに、これらの装備が標準設定となったことが評判となっています。

4.かっこいい見た目

2017-Nissan-Pathfinder-front-three-quarter-1 2017-Nissan-Pathfinder-front-grille-12017-Nissan-Pathfinder-wheels-12017-Nissan-Pathfinder-steering-wheel2017-Nissan-Pathfinder-center-console

顔周りが大幅に変更され、かっこよくなったと話題になっているようです。

日産のアイデンティティであるVモーショングリルは健在ですが、若干幅方向に広く、ワイルドなSUVらしさを強調しているように見えます。

 

残念ながら、今回ご紹介したパスファインダーは日本では販売されていませんが、前回ご紹介したマツダCX-9と同様に、現在アメリカで非常に評判となっているようです。

アメリカで大絶賛!!!「新型CX-9が超イケてる10のポイント」とは!?

確かにかっこいいし、最大7人乗りということもあり、日本の道がもっと広かったら乗りたいなぁと思います。

 

参考:Motor Trend

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る