スバルとマツダは同じ?各車のボンネットフードデザインを調べてみたら意外なことが分かった!

p1

先日、新型インプレッサのデザインについて、ボンネットフード前端の位置が軽衝突時の修理費を考慮して決められているとご説明しましたが、各メーカー毎にその対策は異なるようです。

【実はすごい工夫がいっぱい!?】新型インプレッサのデザインに隠された秘密とは

そこで今日は、各メーカー毎に、ボンネットフード前端がどのようなデザインとなっているのかを調べてみたのでご紹介したいと思います。(かなりマニアックですが 笑)

スバル

まずはスバルの車を見てみましょう。
レガシィは、2014年まで発売されていた前型モデルまでは、バンパーグリル位置までボンネットフードがきているのに対して、現行モデルは軽衝突を考慮したデザインとなっています。(以下の赤点線がボンネットフード前端位置)

レガシィ 前型モデル

レガシィ 前型モデル

レガシィ 現行モデル

レガシィ 現行モデル

この軽衝突を考慮したデザインは、レヴォーグや前回ご紹介した新型インプレッサにも採用されているため、今後のスバル車は全てこのデザインに統一されるのではないでしょうか。

レヴォーグ

レヴォーグ

新型インプレッサ

新型インプレッサ

ちなみに、フォレスターや、エクシーガなど、2015年以前に発売された車種は全て従来のデザインとなっています。

フォレスター

フォレスター

エクシーガ

エクシーガ

トヨタ

トヨタは車種によって様々でした。
軽衝突を考慮したデザインの車は以下。

プリウス

プリウス

アクア

アクア

ヴィッツ

ヴィッツ

シエンタ

シエンタ

一方、以下の車は従来デザインでした。

クラウン

クラウン

エスティマ

エスティマ

マークX

マークX

カローラ アクシオ

カローラ アクシオ

ハリアー

ハリアー

オーリス

オーリス

全体的に、車型によって保険料率が決まっている日本メインで売られている車は従来デザインとなっているようにも見えます。

ただ、軽衝突試験で車種毎に保険料率が決められるヨーロッパメインで売られているオーリスも従来デザインとなっているので、もしかしたら、あまり軽衝突のことは考慮されずにデザインされているのかもしれません。

ホンダ

ホンダは全ての車が従来デザインです。

ジェイド

ジェイド

グレイス

グレイス

フィット

フィット

ヴェゼル

ヴェゼル

オデッセイ

オデッセイ

フリード

フリード

ステップワゴン

ヨーロッパで販売されている車も同様に従来デザインとなっているため、もしからしたら、単純にボンネットフード前端の位置を上に上げるのではなく、何か他の方策をとっているのかもしれませんね。

ヨーロッパ シビックタイプR

ヨーロッパ シビックタイプR

日産

日産はマーチとノートなどの小型車と、スカイライン、GTR、フェアレディZなどのスポーツカーは軽衝突を考慮したデザインとなっており、それ以外は全て従来デザインでした。

マーチ

マーチ

ノート

ノート

スカイライン

スカイライン

GTR

GTR

フェアレディZ

フェアレディZ

購買層的に、保険料の評価がシビアな小型車は確実に保険料率を下げようとしているのでしょうか。

マツダ

CX-5

CX-5

マツダはCX-5以外は全て軽衝突を考慮したデザインとなっています。
スバルと同様に今後の車種はこのデザインとなるのではないでしょうか。

アクセラ

アクセラ

アテンザ

アテンザ

CX-3

CX-3

ロードスター

ロードスター

いかがでしたでしょうか。
ボンネットフードのデザイン1つとってもメーカーによって違うものです。
このように、車のデザインを見ていくと、また別の印象となるのではないでしょうか。

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る