TOYOTA MEGAWEB(トヨタ メガウェブ)で気になった4台の車

img_3689

先日お台場にあるトヨタ メガウェブに行ってきました。
1番の目的は先日ご紹介したように、86同乗イベントだったのですが、ついでにメガウェブで展示されている車を色々見てきました。

TOYOTA MEGAWEB(トヨタ メガウェブ)の86同乗試乗会に行ってきた!【プロドライバーの運転は想像以上のヤバさ!】

そこで今日は、メガウェブで私が気になった展示をご紹介します。

新型エスティマ

2006年に発売された3代目エスティマが今年大きくそのデザインを変えて再登場しました。

img_3659 img_3660 img_3661

これまでは少しシャープな印象のデザインでしたが、マイナーチェンジしたその顔はちょっとイマイチ。
近年のトヨタのデザインの悪さを象徴したようなモデルだと思いました。

img_3668 img_3663 img_3665 img_3664 img_3666 img_3667 img_3669

室内も相変わらずのセンターメーター。
この配置もどうも好きになれません。

まあ、これは私個人の意見ですが、これ売れるのかなぁと少し疑問を感じてしまいます。

アクア

img_3676 img_3677

オレンジと紫色というびっくりな配色のアクアが展示してありました。

以下の記事でもご紹介しましたが、デザイナーを疑ってしまうような配色です。

【トヨタのデザイナーに疑問の声!?】アクアの新カラーバリエーションが奇抜過ぎると話題

これこそ買う人がいるのでしょうか。

フォーチュナー

img_3688 img_3683img_3692img_3693img_3694img_3695

東南アジア、中近東、南米、アフリカなどで販売されている高級SUVです。

日本で販売していないだけに、メガウェブでないとなかなか見ることができない車です。

エクステリアデザインも、インテリアデザインもなかなか高級感があってかっこいいですね。

ただ、1つ残念だったのが、タイヤの小ささ。

img_3687 img_3685

なんかボディとの隙が大きすぎて、タイヤがやけに小さく見えます。
もう少し大きいタイヤを設定した方がよかったのではないでしょうか。

プリウスのカットモデル

img_3696 img_3697 img_3702

これもメガウェブならではの展示ですね。
プリウスの構造がよくわかります。

バッテリーはシート下、燃料タンクはその後ろにあるんですね。

img_3699

グリルシャッターといって、高速域でフロントグリルの開口部を閉じることで燃費を向上させるアイテムも搭載しています。

img_3703

また、排熱回収器という、排気ガスの熱を触媒に戻すことで、触媒反応を活性化させる装置も搭載しています。

img_3701

燃費に効果があるアイテムを惜しげもなく搭載しています。

また、こちらは、IIHSの小ラップと呼ばれる衝突試験対応の構造。

img_3704

本当に考えられる構造やアイテムは全て入れていることが分かります。

こうやって見ると、トヨタの熱の入れ方がよくわかりますね。

 

いかがでしたでしょうか。
こうやって、メガウェブでゆっくり車を眺める休日もいいものです。

是非みなさんもお台場まで足を伸ばしてみて下さい。

きっと新しい発見があるはずです。

TOYOTA MEGAWEB(トヨタ メガウェブ)
住所:〒135-0064 東京都江東区青海一丁目3番12号
電話:03-3599-0808
ホームページ:http://www.megaweb.gr.jp

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-8-49-18

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る