これがこれからの車の定番デザイン!? デトロイトオートショーから見えてきたトレンド

2016n-10017

アメリカの自動車専門メディアMotor Trendが、デトロイトオートショーに展示された車に、あるデザインの共通点があると報じました。

そのあるデザインの共通点というのがこれです。

2016n-10017

新しいデザイントレンド「フローティングルーフ」

フローティングルーフと呼ばれるこのデザインは、Cピラーをブラックアウトさせ、まるでルーフが浮いているかのように見えることから、この名前で呼ばれています。

実はこれ、以前このブログの中で私が気になる最近の車デザイントレンドとしてご紹介しました。

Motor Trendによると、今年のデトロイトオートショーでも、多くの車がこのフローティングルーフデザインを採用していて、今後のデザイントレンドとなるだろうと言います。

それでは、一体どんな車がこのフローティングルーフデザインとなっていたのか、順番に見ていきましょう。

Chevrolet Bolt EV(シボレー ボルト)

2017-Chevrolet-Bolt-EV-C-Pillar

GMC Terrain

2018-GMC-Terrain-C-pillar

Toyota C-HR

2018-Toyota-C-HR-C-Pillar

Honda Odyssey(オデッセイ)

2018-Honda-Odyssey-C-Pillar

Lexus LC 500

2018-Lexus-LC500-C-Pillar

Toyota Prius(プリウス)

2017-Toyota-Prius-C-Pillar

Toyota Camry XSE(カムリ)

2018-Toyota-Camry-XSE-C-Pillar

GAC Trumpchi GE3

2018-GAC-Trumpchi-GE3-C-Pillar

いかがでしたでしょうか。
今後ますますこのデザインが増えてくるかもしれません。

是非、これから発売される車のCピラーに注目してみて下さい。

参考;Motor Trend

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る