アメリカで人気のトヨタのミニバン「SIENNA(シエナ)」の2018年モデルがついに公開!

2018-Toyota-Sienna-Limited-badge

トヨタが北米で生産・販売しているミニバン「シエナ」の新型を2018年に発売すると発表しました。

詳細は2017年4月に開催されるニューヨークオートショーで発表されるようですが、今日はそんな新型シエナがどんな車かトヨタが発表した情報を基にご紹介したいと思います。

シエナとは?

シエナはアメリカで人気のミニバンです。
ただ、人気と言ってもアメリカでミニバンはあまり人気ではなく、男性、女性ともに、「ミニバン=ダサい」というイメージがあるようです。

日本では、軽自動車やミニバンが主流ですが、セダンやSUVが主流のアメリカでは、販売台数が限られているのが現状です。

しかし、そんなミニバン市場の中でも確実に販売台数を維持し、ミニバンでナンバーワンとなっているのがシエナです。

新型シエナはどんな車か?

エクステリアデザイン

2018-Toyota-Sienna-SE-front-three-quarters 2018-Toyota-Sienna-SE-front-view 2018-Toyota-Sienna-SE-rear-three-quarter 2018-Toyota-Sienna-SE-rear-view

新型シエナのエクステリアデザインは、前型モデルとは大きく変わり、現在アメリカで販売されているカローラRAV4といった車たちと同じ傾向のエクステリアデザインを採用してきました。

現行シエナ

現行シエナ

RAV4

RAV4

カローラ

カローラ

インテリア

2018-Toyota-Sienna-Interiorjpg 2018-Toyota-Sienna-SE-center-stack

ナビゲーションシステムが更新され、Wi-Fiや4G LTEとの接続が可能となり、ワイヤレスでマップの更新が可能となりました。

さらに、上級グレードには、JBLのプレミアムサウンドシステムが採用されます。

また、3列席の車内には、USBポートが5つも付き、ファミリーカーとしての気配りがされています。

パワートレインと安全装備

現行モデルは266馬力のV6エンジンを搭載していましたが、新型シエナは296馬力にパワーアップしたV6エンジンを搭載しています。

組み合わされるトランスミッションも6速ATから8速ATへと進化しています。

アクティブセーフティ機能は、エマージェンシーブレーキやアダプティブクルーズコントロールが全グレード標準装備となりました。

 

その他発売日や価格、詳細スペックなどはまだ発表されていないので、引き続きウォッチしていきたいと思います。

2017年北米カーオブザイヤーユーティリティ・ヴィークル部門を受賞したクライスラー パシフィカや、ホンダ オデッセイも来年新型が発売されるということもあり、何気に北米のミニバン競争が熾烈になりそうです。

参考:Motor Trend, CAR and DRIVER

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る