米有名メディアが選んだ300万円以下で買えるベストカー8選

CR-Autospotlight-Hero-best-new-under-30K-04-17

車の値段は年々高くなってきています。
現在販売されている普通車の平均価格は、なんと374万円。

ただ、300万円以下で買える車の中にも、良い車はたくさんあります。

そこで今日は、アメリカのメディア「Consumer Reports(コンシューマーレポーツ」が発表した、300万円以下で買えるベストカーをセグメント別にご紹介します。

中には日本では販売されていないものもありますが、自動車大国アメリカでは一体どのような車が評価されているのか、是非新車購入の参考にしてみて下さい。

ベスト・サブコンパクトカー
Toyota Yaris iA(トヨタ ヤリス iA)

CR-Inline-top-picks-Toyota-Yaris-02-17

トヨタが北米で展開するコンパクトセダンです。
実は、ベースとしている車はマツダ デミオです。
パワートレインは1.5Lガソリンエンジンに6速ATとMTが組み合わされます。

インテリアは完全にデミオを流用しており、生産もマツダのメキシコ工場。

マツダ デミオは日本でも、そのスタイリングや走りの良さ、燃費の良さが評価されましたが、アメリカでも同様の高評価を得ています。

ベスト・コンパクトカー
Toyota Prius(トヨタ プリウス)

PRF-480

他を圧倒する燃費に加えて、新プラットフォームTNGAの採用により、ハンドリングや乗り心地が非常に良くなったと、高い評価を得ています。

以前ご紹介したように、デザインは酷評されていましたが、中身は非常に評判が良いみたいです。

【史上最も醜い車!?】新型プリウス発表でアメリカ国民が示した反応とは!?

ベスト・ミッドサイズカー
Kia Optima(起亜 オプティマ)

PRF-506

韓国の自動車メーカー起亜が販売している中型セダンです。
競争の激しいミッドサイズカーの中で、ホンダ アコードやトヨタ カムリなどを抑えて選ばれています。
このオプティマは、2.4L 4気筒エンジンと、1.6Lの4気筒ターボエンジンが選択可能で、合わせられるのは、7速デュアルクラッチトランスミッションです。

価格は、約270万円と非常にリーズナブルである一方で、レザーシートを標準装備しているなど、インテリアの質の高さが評判です。

また、後席の広さなど、このクラスのセダンに求められている要素がどれも高い評価を得ています。

日本では起亜の車を見かけることはありませんが、実は、アメリカを始め、世界ではかなり評価を得ています。
ただ、このようにConsumer Reportsがベスト・ミッドサイズカーに選んだことを考えると、ついに韓国勢もこの域まで来たかと、脅威を感じてしまいます。

ベスト・スポーツカー
Mazda MX-5 Miata(マツダ ロードスター)

PRF-162

言わずと知れた日本車を代表するスポーツカーです。
ロードスターは、前後の重量配分が5:5というだけあって、やはりハンドリングの良さが高い評価を得てベストスポーツカーに選ばれました。

ベスト・ワゴン
Subaru Outback(スバル アウトバック)

PRF-615

日本でお馴染みのスバル アウトバックがベストワゴンに選ばれました。
広い室内に、スバル特有の4WD性能の高さと水平対向エンジンならではのハンドリングの良さが高評価を得ています。

ベスト・サブコンパクトSUV
Subaru Crosstrek(スバル XV)

PRF-1105

ベストサブコンパクトSUVに選ばれたのは、日本でも販売されているスバルのXVでした。
アウトバックと同様に、車高を上げて走破性を高めていますが、水平対向エンジンを搭載しているため、他のSUVに比べて重心が低く、ハンドリングも良いのが特徴です。
これが、ベストサブコンパクトSUVに選ばれた理由のようです。

ベスト・コンパクトSUV
Subaru Forester(スバル フォレスター)

PRF-443

今アメリカで最も競争の激しいセグメントであるコンパクトSUVでベストカーに選ばれたのは、日本でも人気のスバル フォレスターでした。
競合車と比べて圧倒的に広い室内と、視界の良さが非常に評判です。

ベスト・ミッドサイズSUV
Hyundai Santa Fe Sport(ヒュンダイ サンタフェ)

PRF-813

韓国メーカーの車が再びベストカーに選ばれました。
ヒュンダイ サンタフェは、スバル フォレスターよりも一回り大きいサイズのSUVです。
エンジンは、2.4L 4気筒エンジンと、2.0L ターボエンジンが選べます。
Consumer Reportsでは、リアビューカメラや、歩行者検知システム付きエマージェンシーブレーキ、レーンでパーチャーワーニングなどが標準装備となっているところや、IIHSの評価が最高ランクとなっているところが高く評価されています。

また、以下の記事でもご紹介したように、今アメリカでは、ヒュンダイ車はデザインがかっこいいと評判になっています。

先ほども書きましたが、日本では韓国メーカーの車を見ることはありませんが、世界ではこれだけ高く評価されているのです。

世界中で絶賛されるヒュンダイの車がかっこよすぎる件

 

いかがでしたでしょうか。
今日は、アメリカの有名メディアが選んだベストカーをセグメント毎にご紹介しました。

意外だったのが、アメリカメーカーの車が1つも入っていなかったことと、韓国メーカーの車が2つも選ばれていたことです。

あとは、やはりスバル車は強いなと改めて思わされました。

是非新車購入を考えられている方は、今日ご紹介した車から選んでみてはいかがでしょうか。
アメリカの有名メディアが選んだ車だけに、間違いなく良い車だと思います。

参考:Consumer Reports

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る