【世界で1番オシャレな車は!?】2017年 ベストインテリアTOP10

2017-Bentley-Bentayga-Diesel-cabin

アメリカのオンラインメディア「Wards Auto」が昨年に引き続き2017のベストインテリアTOP10を発表しました。

2016年のランキングはこちら

このランキングは、デザイン性、素材、使い易さ、安全性、テクノロジーなどの指標を基に、順位が決まります。

一体今年はどんな車がランクインしたのか見ていきましょう。

10位 Subaru Impreza(スバル インプレッサ)

2017-Subaru-Impreza-show-floor-101 SUBIE 1 Impreza Ltd. topdown center SUBIE 2 red stitch IP pass

今年フルモデルチェンジしたスバルのインプレッサがランクインしました。

スバルの車がこのベストインテリアに選ばれたのは、実は今回が初めてだといいます。

最も廉価なモデルだと200万円を切るインプレッサは、いわゆるエントリーレベルカーと呼ばれるカテゴリーの車ですが、それらの車の中では、飛び抜けてインテリアの質が良いと評価されています。

さらに、インストルメンタルパネルにあるボタンが、少ないながらも使い易いように工夫されていると、高評価を得ています。

これまで4WD性能や走破性などでは常に高い評価を得ていたスバルですが、デザイン性についてはあまり評価されませんでした。
ただ、今回のインプレッサについては、評価員から「こんなにもフルモデルチェンジして、デザインを改善してきた車は、かつて見たことない。」というコメントが出るほど、衝撃を与えたようです。

9位 Mini Countryman(ミニ カントリーマン)

zmini-003 MINI 1 center topdown MINI 2 pass 2nd Bpillar view

昨年発売された、ミニのSUVモデル「カントリーマン」がランクインしました。
ミニの特徴的な、飛行機のコックピットにあるようなスイッチと、キッチンクロックのような大きなディスプレイは健在です。

さらに、SUVモデルというだけあって、後席を倒すと、荷室部分がフラットになるように工夫されています。

ミニ特有のオシャレさとSUVらしさをうまく共存させているところが評価されたポイントのようです。

8位 Mazda CX-9(マツダ CX-9)

01-2016-mazda-cx-9-fd-1 MAZDA 1 driver Bpillar view MAZDA 2 view from behind 3rd row

マツダの7人乗り大型SUVです。
ブラウンのレザーとクロムの配置が非常にセンスが良いと高評価を受けています。
また、このマツダCX-9は、メッキではなく、本物のアルミを、さらに木目部分は本物のローズウッドを使用しています。

このようなマツダならではのこだわりが評価された結果となりました。

7位 Maserati Levante(マセラティ レヴァンテ)

maserati-levante MASERATI 1 pass Bpillar view MASERATI 2 another warm Bavarian pretzel shot

マセラティ初のSUVモデルです。
フェラーリから供給を受けたツインターボV6エンジンとハーマン・インターナショナル製のサウンドシステムによる、心地良いエンジンサウンドが評判のようです。
インテリアデザインについては、ナビなどの操作系がユーザーフレンドリーを意識した使い易いデザインとなっており、さらにシフトノブも大きくて使い易いと評価されています。

6位 Lincoln Continental (リンカーン コンティネンタル)

Lincoln-Continental-concept-1051-626x382 LINCOLN 1 driver Bpillar view wheel LINCOLN 2 steering wheel wood

フォードが展開する高級車ブランドリンカーンのフラグシップ的なセダンです。
最高級セダンらしく、銀を表面に練りこんだウッドを使うなど、そのゴージャスな内装は誰もが憧れます。

また、ツートーンのステアリングがオシャレだと評判のようです。

5位 Lexus LC 500(レクサス LC500)

top LEXUS 1 pass door open LEXUS 2 2nd row flash

トヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」がこの春に満を辞して発売したスポーツクーペLC500がランクインしました。

特に、インストルメンタルパネルからルーフトリムまで全てをキャラメルベージュで統一した内装は非常に高い評価を得たようです。

4位 Honda CR-V(ホンダ CR-V)

2017hondacr-v073 HONDA 1 pass front seats HONDA 2 pass closeup door trim

ホンダはかつて、シビック、フィット、オデッセイなどでベストインテリア10にランクインしましたが、今回も新型CR-Vがランクインしました。

スタイリッシュなコンソールは、中のトレイの位置を自由に調整できる点がとても使い易いと評価されています。
また、USBポートが後席にも付くなど、デザインと機能性がうまく融合している点が高評価のポイントのようです。

3位 Buick LaCrosse(ビュイック ラクロス)

2017-Buick-LaCrosse-front-three-quarter-in-motion BUICK 1 driver Bpillar view BUICK 2 driver door

ビュイックは長い歴史を持つプレミアムブランドです。
特にラクロスは、アメリカや中国で非常に人気のセダンです。
昨年フルモデルチェンジを迎え、その新型に多くの注目を集めていました。

インテリアデザインは、ナチュラルカラーののレザーに、ダークな色の削り出しのウッドがアクセントとしてとてもオシャレな仕上がりになっています。

デザインと素材の質感がどちらも高評価を得ています。

2位 Bentley Bentayga(ベントレー ベンテイガ)

bentley-bentayga-1 BENTLEY 1 pass Bpillar BENTLEY 2 pass 2nd row seats

イギリスの高級車ブランド「ベントレー」が昨年発売した初めてのSUVモデル「ベンテイガ」です。
意外にも、ベントレーもこのベストインテリアに選ばれたのは初めてとのこと。

「ベンテイガ」のインテリアは、やはり高級車らしく肌触りが非常にソフトなレザーで覆われているそうです。
1台1台手作りされるベントレーならではの仕上がりが評価されました。

1位 Alfa Romeo Giulia(アルファロメオ ジュリア)

2017-Alfa-Romeo-Giulia-Quadrifoglio-front-three-quarter ALFA 1 topdown center dark ALFA 2 bright stitch vent

アルファロメオのスポーツセダンです。
F1にインスピレーションを受けたようなステアリングに、クリーム色のレザーシート、ウォルナット材のトリムの組み合わせがとてもオシャレです。
また、その中で使われるメタルのアクセントのクオリティーが非常に高く、「芸術的なラインを作っている」と評価されています。

 

いかがでしたでしょうか。
お気に入りの1台は見つかりましたか?

このランキングを見ると、車のインテリアもどんどん進化していることが分かります。

今後の車にも期待したいですね。

出典:Wards Auto

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る