【こんな道路絶対に運転できない!?】世界の不思議な道路7選

b21467f2

世界には不思議な道路が沢山あります。
今日は、そんな世界の不思議な道路をご紹介したいと思います。

1. アメリカ ヴァージニア州、テネシー州 Bristol State Street(ブリストル ステート ストリート)

1493838389-bristol

アメリカのヴァージニア州とテネシー州の州境線上にある道路です。
真ん中の黄色い線がちょうど州境線となっています。
現在はちょっとした観光スポットになっているようです。

2. スコットランド Ebenezer Place(エベネゼル プレイス)

1493992828-ebenezer-place

古代から存在する有名な道です。
実は、この道は、建物の中を通る非常に狭い通りとなっているようです。
その幅は約1.9メートル。
当然通ることができるのは人だけ。
一体誰が通るのでしょうか(笑)

3. アルゼンチン 9 de Julio Avenue(9つのフリオ通り)

gallery-1493825367-screen-shot-2017-05-03-at-112901-am

およそ50年もの歳月をかけて建設されたこの道路は、9つの道路、12のレーンから成る非常にユニークな道路です。
1980年代には、世界で最も幅の広い道路に選ばれています。
アルゼンチンのこの地域では、観光客が連日押し寄せる観光スポットとなっているようです。

4. ニュージーランド Baldwin Street(ボールドウィン通り)

gallery-1493829048-streetey

ニュージーランドにあるこの道は、なんと傾斜角度35度。
スキー場で言ったら上級者コースです。
パワーの無い車だと登れないかもしれませんね。

5. アメリカ サンフランシスコ Lombard Street(ロンバードストリート)

gallery-1493825518-screen-shot-2017-05-03-at-113114-am

サンフランシスコにある有名なこの通りが建設された当時は、なんと傾斜角度27度もの急勾配の坂道でした。
先ほどのボールドウィン通りは真っ直ぐの道でしたが、このロンバードストリートは、この傾斜角度に対応するために、蛇行した道となりました。
制限速度は約8km/h。
なんともユニークな道路です。

6. タイ Maeklong

gallery-1493824738-gettyimages-171601104

タイにあるこの通りは、いわゆる商店街です。
ただ、普通の商店街と違うのは、なんと線路の上にあるということ。
当然線路なので、数時間に1度電車が通りますが、その時は、お店やお客さんはみな線路脇に避難します。
そして、電車が通過したら、再び商店街へと姿を変えます。

これまで1度も事故は起きていないのでしょうか。
いつ電車が来るかとドキドキして買い物どころではなくなりそうです。

7. イギリス マジックラウンドアバウト

gallery-1493825230-screen-shot-2017-05-03-at-112643-am

日本にも何箇所かあるラウンドアバウトですが、イギリスにあるこのラウンドアバウトは、なんと入口が5箇所あり、その車の動きはまさにカオス。
正直私は運転できる気がしません(笑)

参考:PM

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る