ポルシェ 伝説のカラーリングを施した5台のマカンを発表!

1720702-macan-singapore-2017-porsche-ag-1

皆さんもよくご存知のように、ポルシェと言えば長年に渡って、レースの世界で成功してきました。

その歴史は60年以上。

そんなポルシェには、その時々を象徴するレースカーのカラーリングがありました。

ポルシェは先日、そんなポルシェのレースの歴史を記念して、代表的なカラーリングを施したポルシェマカンをシンガポールで展示しました。

一体どんなマカンが展示されたのか見てみましょう。

マルティーニ

dims

青と赤と銀色のカラーリング。
誰もがこれを見ればすぐにマルティーニレーシングを連想するはずです。

イタリアの飲料水メーカー「マルティーニ・エ・ロッシ」がスポンサーとなったのは、1968年のこと。
それから、1971年にこのマルティーニカラーを施された917Kがル・マン24時間レースで連続優勝を飾っています。

このマルティーニカラーをまとったマカンは、シンガポールのオランダ村に展示され、一際注目を集めました。

ロスマンズ

dims-2

1982年のル・マン24時間レースで最初に登場したこのカラーリングは、956に施されていました。
その後は、911s、961へと移行します。

このカラーリングのマカンは、シンガポールのアルメニア通りに展示されました。

ピンク・ピッグ

dims-3

「ピンクの豚」と称されるこのカラーリングは、1971年に新しいエアロパーツが装着された917の見た目が豚を連想するものだったために、遊び心でピンク色の塗装がされたのが最初でした。

このピンク色のカラーリングのマカンは、シンガポールのチャイナタウンに展示されました。

ザルツブルグ

dims-4

シンガポールのアン・シアン・ヒルに展示されたマカンは、赤と白のカラーリングでした。
このカラーリングは、1970年にポルシェが記念すべきル・マン24時間レース初勝利を飾った時に917に施されていたカラーでした。

Gulf(ガルフ)

dims-5

青とオレンジのコンビネーションが特徴のカラーリングは、世界レースで様々な勝利を飾ってきました。
もはや説明不要の一目で認識されるようなカラーリングとなりました。

いかがでしたでしょうか。
なかなか粋なイベントですよね。
ポルシェ好きにはたまらないのではないでしょうか。

参考:Motor Trend

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る