【スバル インプレッサHybrid 試乗レポート】評判通り!走りも室内広さも燃費も申し分ない!

Subaru-Impresa-Sport-Hybrid_001

今日は、スバルのインプレッサ SPORT Hybridに試乗してきたので、そのレポートをご紹介します。

まずはいつものように、試乗の様子をYouTubeにアップしていますので、ご覧ください。
(定期的に試乗動画をアップしています。是非チャンネル登録をお願いします。→試乗動画チャンネル

 

エクステリアデザイン

まず今回試乗したインプレッサ SPORT Hybridの注目すべき点は、通常のインプレッサとは若干違うエクステリアデザインです。

ブルーインナーレンズでHybridらしさを主張

ヘッドランプとリアコンビランプに青色のインナーレンズを採用しています。
これによって、通常のインプレッサとの差別化がなされ、特別感を与えるとともにHybridのクリーンな印象を与えています。

スクリーンショット 2015-08-17 15.11.56

Hybrid専用の17インチアルミホイール

また、Hybrid専用のダークガンメタリックのホイールが、足周りをスマートに見せるだけでなく、エコではなくスポーティなHybridだということを印象付けているように感じます。

exterior_img05

 

荷室の広さ

Hybridモデルだとどうしても気になってしまうのが、室内空間の広さです。
通常モデルに対して、バッテリーが追加されている分、室内空間が狭くなってしまうのは当然のこと。

今回試乗したインプレッサの場合、バッテリーはリアサスペンションの上、つまり荷室の真下にレイアウトされています。

スクリーンショット 2015-08-17 15.20.20

ただ、荷室を見てみると十分な広さが確保されており、バッテリーが 入っていることを感じさせません。

スクリーンショット 2015-08-17 15.24.04

 

違和感の無いスバルらしい走り

走りはスバルらしい力強い加速を感じることができます。

通常モデルに対してバッテリー分車本体の重量が約200kg重たいのですが、その重さを一切感じさせません。
さらに、燃費は約3km/L向上しています。

価格差はだいたい40万円ほどあるのですが、十分その価値があるのではないでしょうか。

スクリーンショット 2015-08-17 15.33.33

 

総括

上でご紹介した動画でも書いていますが、今回インプレッサ SPORT Hybridに試乗をしてみて、走り・室内空間・燃費どれを見ても非常に良い車だと思いました。
また、EyeSightを始め、クルーズコントロールなどの先進アイテムが豊富に付いてこの価格というのは、かなり魅力的なのではないかと思いました。

 

さて、今回も言いたい放題書いてきましたが、みなさんはどう思われたでしょうか?
車の購入を検討されている方は参考にして頂けると嬉しいです。

 

面白いと思ったら是非シェアをお願いします↓↓↓

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る