待望のSUVがついに発表!新型RAV4と新型フォレスターを徹底比較する!

スクリーンショット 2018-03-29 21.34.56

待ちに待ったニューヨークオートショーがついに開幕となりましたね。

今年のニューヨークオートショーでは、世界中から注目される2台の新型SUVが同時に発表されることが以前から話題となっていました。

その注目の2台が、トヨタRAV4とスバル フォレスターです。

アメリカで最も売れているトヨタ車「RAV4」がついにフルモデルチェンジ!そのシルエットが発表された!

世界中が注目している新型スバル フォレスターのティザー画像がついに発表!

今回のモデルチェンジで2台とも5代目です。
セグメントも同じ、ジェネレーションも同じのこの2台のSUV。
それぞれ一体どんな車なのか、比較して見てみましょう。

エクステリアデザイン

スクリーンショット 2018-03-29 21.35.13 スクリーンショット 2018-03-29 21.35.36 スクリーンショット 2018-03-29 21.35.33 スクリーンショット 2018-03-29 21.35.40スクリーンショット 2018-03-29 22.15.55スクリーンショット 2018-03-29 22.20.29

新型RAV4は、顔周りが、前型モデルから刷新されました。
丸みを帯びたフロントフェイスに、コーナー部分は角ばった形状。
ヘッドライトはシャープで尖った形になりました。

グリルの形は大型SUVのTacoma(タコマ)のデザインを引き継いでいるようにも見えます。

また、角ばったホイールアーチが特徴的です。

スクリーンショット 2018-03-29 21.35.02 スクリーンショット 2018-03-29 21.35.18 スクリーンショット 2018-03-29 21.36.25 スクリーンショット 2018-03-29 21.36.17 スクリーンショット 2018-03-29 21.36.35

一方で、新型フォレスターを見てみると、一見どこが変わったかわからないくらい、大きな変化が無いように見えます。

リアテールランプは、最近のスバル車の特徴である、Cシェイプとなりました。
大きく変わったのはそこくらいで、グリルも、ホイールアーチも前型モデルから大きく変化はありません。

今回RAV4のデザインが攻めてきただけに、面白みの無いデザインのように見えてしまうのは私だけでしょうか。

ただ、スポーツモデルは、グリルとホイールがブラックとなり、オレンジのアクセントが入るようです。

エンジンとトランスミッション

エンジンはどちらも今流行りのターボエンジンではなく、NAエンジンでした。

スクリーンショット 2018-03-29 21.35.07

新型RAVは、2.5Lの直列4気筒エンジン。
このエンジンの詳しいスペックはまだ明らかになっていませんが、おそらく、カムリに搭載されているエンジンが採用されているのではないかと予測できます。

トランスミッションは、これまでの6速ATから新たに8速ATへと置き換えられました。

スクリーンショット 2018-03-29 21.35.04

一方の新型フォレスターも今回からターボエンジンは不採用となり、2.5L水平対向エンジンが採用されています。

トランスミッションはCVTと6速MTが選択できます。

また、新型RAV4は2WDと4WDがあるのに対して、新型フォレスターは4WDのみの設定となっています。

走行性能

まだ、走行性能については分かりませんが、新型RAV4はトヨタの最新のプラットホーム「TNGA」、新型フォレスターはスバルの最新のプラットホーム「スバルグローバルプラットホーム」をそれぞれ採用してきています。

特にRAV4は、低重心化と軽量化で大きく走行性能も改善されたのではないでしょうか。
現行モデルで、フォレスターには差をつけられていたところなので、今回のモデルチェンジでどこまでフォレスターとの差を埋められたかが、一つ注目したいポイントです。

オフロード性能

やはりSUVだけに、注目したいのがオフロード性能です。

フォレスターは元々オフロード性能には定評のある車でしたが、今回は特にRAV4がオフロード性能を改善してきているように見えます。

まず、様々な路面状況に対応した走行モードを選べるようになりました。
ドライバーは、手元のスイッチで、雪・泥・砂を選択できます。

さらに、車高が現行モデルに対して10mm以上高くなり、フロントオーバーハングとリアオーバーハングは短くなりました。

これによって、悪路走行も改善しているはずです。

一方の新型フォレスターも、雪/砂モードと、深雪/泥モードが選択でき、車高も地上高が220mmと大きく確保しています。
前型モデル以上の悪路走行性能が期待できそうですね。

インテリアデザイン

スクリーンショット 2018-03-29 21.35.26

インテリアデザインについては、フォレスターよりもRAV4の方がややスタイリッシュな感じがします。

スクリーンショット 2018-03-29 21.35.21

新型フォレスターは、残念ながらエクステリアデザイン同様、あまり面白みがないデザインですね。

それぞれの発売は?

新型RAV4の発売は今年の冬だと言われています。
日本での発売もされるそうなので、楽しみですね。

一方、新型フォレスターの発売は正式にはまだ発表されていませんが、おそらく今年中だろうと予想されています。

当然フォレスターも日本でも発売されるので、今年の冬は日本市場も熱くなりそうですね。お

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る