なぜ海外のトヨタ86のエンブレムは「SCION(サイオン)」なのか?その理由とは?

2013-scion-fr-s-front-view

みなさんは、海外旅行などで海外に行った時、日本でお馴染みの車なのになんかエンブレムが違うなぁと思ったことはないでしょうか?

例えば、この車。

2013-scion-fr-s-front-view

日本で大人気のトヨタ86ですが、アメリカでは、こんなエンブレムを付けて売られています。

ScionLogo

日本ではなかなか見ないエンブレムだと思いますが、実はこれはトヨタがアメリカやカナダで展開している「サイオン」というブランドのエンブレムなんです。

普段86と言えばトヨタのエンブレムが当たり前なので、日本人である私たちからすると、なんとも違和感がありますが、アメリカでは、86と言えばサイオンのエンブレムが当たり前なのです。

このように、同じ車なのに、海外と日本では、それぞれ異なるブランドから発売されている車が実は結構あるのです。

今日は、そんな海外では違うエンブレムを付けて売られている車たちをご紹介したいと思います。

 

カローラルミオン

2016-scion-xb-price

日本では、カローラのエンブレムを付けて販売されていますが、アメリカやカナダでは、86と同様に「サイオン」ブランドとしてxBという名前で販売されています。

ちなみに、サイオンは、トヨタに比べて、比較的若い世代をターゲットとして展開されているブランドです。
カローラルミオンの他に、iQやオーリス、マークXなどが、アメリカやカナダでは、「サイオン」ブランドとして販売されています。

iq

iq

im

im

tc

tc

Scion USAホームページ

 

ホンダ レジェンド

timthumb.php

レジェンドと言えば、ホンダの高級セダンですが、海外ではホンダの高級車ブランドである「アキュラ」のエンブレムを付けて「RLX」という名前で販売されています。

New-2015-2016-Acura-RLX-For-Sale

アキュラは日本では未展開のため、ご存知でない方も多いかもしれませんが、実はその歴史は古く、1986年にアメリカで開業しています。
トヨタのレクサスが展開を開始したのが1989年なので、アキュラは国内メーカーの中でも高級車ラインを展開した先駆けと言えます。

アキュラのカーラインナップは、基本的にホンダとは違い、オリジナルモデルを現地開発していますが、レジェンドは逆にアメリカで開発されたアキュラのRLXにホンダのエンブレムを付けて日本で販売されているようです。

 

日産スカイラインクロスオーバー

01_l

日産の高級車のスカイラインクロスオーバーですが、海外では「infiniti」というブランドからQX50という名前で販売されています。

2015_Infiniti_QX50_4dr_SUV_37L_6cyl_7A_3680108

infinitiは、日本以外の国で展開されている日産の高級車ラインです。

最近は、日本で販売されているスカイラインやフーガにも、infinitiエンブレムが採用されていることから、そのエンブレムを見たことがある方も多いと思います。

スカイライン

スカイライン

フーガ

フーガ

 

三菱i-MiEV

i-miev-charger-800

三菱が2006年に発売した軽自動車サイズの電気自動車ですが、ヨーロッパではOEM生産によりプジョー・シトロエンそれぞれのブランドから発売されています。

p1 03imv

 

 

いかがでしたでしょうか?

普段見慣れている車も、付いているエンブレムが違うと新鮮に見えるものです。

 

面白いと思ったら「いいね!」をお願いします↓↓↓

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る