アクアのバッテリーはどこにあるのか?調べてみたら意外なところに搭載されていた。

carlineup_aqua_exterior_top_pic_01_01_pc

先日トヨタ アクアに乗る機会がありました。
アクアは皆さんもよくご存知の通り、トヨタの小型ハイブリッド車です。

2011年12月の発売以来、常に月間販売台数はベスト3に入ります。
その燃費の良さと、価格の手頃さが、人気の理由だと思います。

そんなアクアですが、乗ってみた感想は、まあそんなものかなと言った感じ。
燃費が良い分パワーは無いので、スイスイといった走行はできません。
ただ、街乗りだったらこれで十分だと思います。

そんなアクアに乗って、ふと思ったのが、「アクアってハイブリッド車だよな?バッテリーってどこに搭載しているんだろ?」ということ。

バッテリーはハイブリッド車には必要ですが、通常の車には搭載していないものなので、当然どこか目に見えるところにあるのかなと思っていたのですが、車内を見渡しても、バッテリーが隠れていそうなところは見当たりません。

そこで、気になって調べてみることにしました。
(正直あまり今までハイブリッド車に乗ったことがなかったので、ハイブリッド車の構造をイマイチ掴めていませんでした。)

アクアのバッテリーはどこにあるのか?

ネットで色々調べてみると、こんな絵が見つかりました。
これを見ると、謎が解決。
HVバッテリーは、後席のシート下にあるんですね。

76-1l

横から断面で見るとこんな感じ。

76-15l

後席のシート下に、HVバッテリーと通常の鉛バッテリーを置いているようです。

ただ、本来後席シート下というのは、燃料タンクが配置されている場所になります。
では燃料タンクはどうなっているのかというと、下のカットモデルを見るとよく分かりますが、形を異形にしてうまい具合にぎゅっと詰め込んでいる感じなんですね。

44

通常このサイズの車の燃料タンクの大きさは50Lほどはありますが、アクアの燃料タンクサイズは、36Lほど。
まあ、燃費が良いからこそなせる技ですね。

いかがでしたでしょうか。

今日はアクアのバッテリーの搭載位置について、調べた結果をご紹介しました。
次は他のハイブリッド車についても調べてみたいと思います。

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら
20180722223003

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る