プリウスのバッテリーはどこに搭載されているのか?調べてみると意外なことが見えてきた!

DSCN4885-600x450

先日、トヨタ アクアのバッテリーの位置について、ご紹介しましたが、プリウスのバッテリーは一体どこにあるのでしょうか。

そこで、今日は、トヨタ プリウス(4代目)のバッテリーの位置について調べてみたいと思います。

プリウスのHVバッテリーも後席シート下にあった

こちらの絵を見てみると、プリウスもアクアと同様に後席シートの下にバッテリーを格納していることが分かります。

c3acee6bd51068f542ea724389cd60d8

ただ、アクアは鉛バッテリーとHVバッテリーを横方向に並べていたのに対して、プリウスはアクアよりも横方向に長いHVバッテリーを搭載しているので、鉛バッテリーを後席シート下に置くスペースは無いように見えます。

鉛バッテリーはどこへ?

それでは鉛バッテリーはどこに行ったのでしょうか?

引いて見ると、エンジンルームにありました。

img_1b78857b7c0cf389ff245b252e1525e41052684
アクアの全幅が1,695mmに対してプリウスが1,760mmですから、プリウスの方が約7.5センチほど幅が広いことになります。
それが理由かは明らかではありませんが、プリウスの方が車格が大きいので、鉛バッテリーをエンジンルームに置く余裕もあったということでしょうか。

前型モデルからバッテリーの位置を変えた?

前型モデルの3代目プリウスはどこにHVバッテリーを搭載していたかというと、後席シートの後ろに搭載していました。
そして、鉛バッテリーはラゲッジルームの端っこに格納されています。

3代目プリウス

3代目プリウス

3代目プリウス

3代目プリウス

4代目プリウスは、3代目の配置から大きくHVバッテリーと鉛バッテリーの配置を変えてきたことになります。

では、どうして、これまでのバッテリー配置を変える必要があったのでしょうか。

おそらく、4WDを作りたかったからだと思います。

新型プリウスには4WDがある

4代目プリウスは、リアモーターをリアサスペンションに搭載した4WD仕様があります。
ただ、このリアモーターを搭載して、後席シートの後ろにバッテリーを置くとラゲッジルームが狭くなってしまうと考え、バッテリーの位置を変えたのかもしれません。

technology_chassis_efour_02_pc

燃料タンクのサイズが小さくなった?

ラゲッジルームが狭くなってしまうことを懸念して、HVバッテリーの位置を後席シート下に変更したのかもしれませんが、前回アクアの時にも書きましたが、従来後席シート下には、燃料タンクが格納されています。

当然そこにバッテリーを搭載しようとすると、燃料タンクが従来のサイズはとれないはずです。

実際に調べてみると、3代目プリウスの燃料タンク容量が45Lに対して、4代目プリウスの燃料タンク容量は43L(Eグレードは38L)でした。
やはり、新型プリウスは、前型プリウスから燃料タンク容量が2〜7Lほど減っているんですね。
燃費は向上したので、タンクは小さいくしても良いという判断だったのかもしれません。
そして、その分のスペースをバッテリーに使ったということでしょうか。

4WDはスペアタイヤがない

新型プリウスには、これまでになかった4WD仕様ができましたが、カタログを見てみると、スペアタイヤが設定できるのは、2WDだけみたいです。
確かに、リアモーターを搭載した為に、HVバッテリーの位置を変更している訳ですから、そこにスペアタイヤを搭載する余裕はなさそうです。

スクリーンショット 2018-04-21 22.51.55

いかがでしたでしょうか。
こうやって、車の部品がどこに配置されているかを調べてみると、メーカーの想いが分かってくるものです。

次回もまた車の部品配置について調べてみたいと思います。

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る