各社が今後SUVに力を入れてくる!?アメリカで起きている人気車種トレンドの変化が与える影響とは!?

こんばんは。

本日は、アメリカの人気車種トレンドの変化についてご紹介したいと思います。

bmw-7-series-usa

アメリカ市場の販売トレンドに変化が⁉︎

昔から、アメリカ市場の販売主力は、セダンでした。

日本で人気のハッチバックやミニバンはほとんど売れておらず、トヨタ カムリ、ホンダ アコード、日産 アルティマなどに代表される、中型セダンがとにかく人気です。

2015_Toyota_Camry_Hybrid_12.jpg
Toyota Camry
2013-honda-accord-sport-sedan-front-three-quarters
Honda Accord
945443-nissan-altima
Nissan Altima

しかし、近年、この販売トレンドに変化が起きています。

こちらは、先日THE WALL STREET JOURNALに掲載された、2015年4月のアメリカの自動車販売台数です。

スクリーンショット 2015-05-29 22.23.40

ここに書いてある「Cars」とは、いわゆるセダンのこと。(青枠)
そして、「Light-duty trucks」の中の「Midsize SUV」「Large SUV」「Small SUV」「Luxury SUV」がそれぞれ車格ごとのSUVを指しています。(赤枠)

右側の棒グラフは、昨年の同じ月との販売台数比率を示していますが、これを見ると明らかに、セダンの販売台数は減少傾向にあり、一方SUVの販売台数は増加傾向にあることが分かります。

2015年4月の月間販売台数ランキング

次に、2015年4月の月間販売台数ランキングを見てみましょう。

スクリーンショット 2015-05-29 22.37.22

このグラフの赤枠で囲った車種がSUVで、青色がセダンです。

上のグラフと同様に、棒グラフは、昨年からの増減を表しています。

これを見ると、セダンが軒並み数パーセントの割合で減少しているのに対して、SUVは逆に数十パーセントの割合で増加しています。

つまり、これまでセダンを買っていた人たちが、SUVを買うようになってきたのです。
アメリカ人の車の好みがセダンからSUVへと変化していると言えるのではないでしょうか。

どうしてSUVが人気なのか?

アメリカでSUVが人気の理由の1つに、近年のガソリン価格の低下があると思います。

スクリーンショット 2015-05-29 22.40.33

こちらは、NY原油価格の推移ですが、昨年後半から一気に価格が下落しています。

これによって、燃費の良いセダンよりも、走破性や使い勝手の良いSUVを好む人が多くなったのではないかと想像できます。

今後各社がSUVに力を入れてくる

ここまではアメリカの話ですが、日本人である私たちにも無関係ではありません。

どの自動車メーカーもアメリカはメイン市場ですから、今後各自動車メーカーは、SUVに力を入れてくるはずです。

日本ではすでに発売している、マツダのCX-3やホンダのヴェゼル(海外名 HR-V)も近々アメリカに投入される予定です。

Mazda-CX-3-58 Honda-HR-V-Brasil-04
フォルクスワーゲンのティグアンも今年7年ぶりのモデルチェンジを迎えます。
2014-volkswagen-tiguan_100438640_h
今後はSUVの競争がさらに激化し、各社工夫を凝らしたSUVをどんどん投入してくるはずです。
SUV好きの私にとっては、今から非常に楽しみです。
是非各社の動向を今後もチェックしましょう。
以上、国産車エンジニアすえながでした。

面白いと思ったら是非シェアをお願いします↓↓↓
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク