これが中国で最も人気のある車!? 世界中のメーカーが凌ぎを削る中国で唯一成功している一台とは!?

China-620x413

今日は、今中国で最も売れている車をご紹介したいと思います。

世界一の自動車市場

中国は、2014年の自動車販売台数が2349万台となり、今や世界一の自動車市場です。

そんな中国を、当然どのメーカーも最重要市場ととらえています。

例えば、VWは中国に8つもの生産・開発拠点を有し、GMは7、フォードは3つの拠点を有しています。
この拠点数を見ても、各社の中国への力の入れようがわかるのではないでしょうか。

また海外ブランドのみでなく、中国現地メーカーも多く存在し、今や100社以上もの自動車メーカーが乱立しています。

中国の渋滞(出典:Wikipedia)

中国の渋滞(出典:Wikipedia)

どんな車が売れているのか?

それでは、そんな中国では一体どんな車が売れているのでしょうか?
2014年の販売台数ランキングを見てみましょう。

出典:http://www.mmjp.or.jp/sososha/pdf_file/2bu_kigyotizu15.pdf

出典:http://www.mmjp.or.jp/sososha/pdf_file/2bu_kigyotizu15.pdf

この表は、車型毎のベスト10が記載されていますが、よく見てみると、全車型の中でダントツで1位の車があります。

上海通用五菱というメーカーが発売している五菱宏光という車です。

“三菱”ではなく、”五菱”です (笑)

なんと年間75万台も売り上げています。

2014年に日本で最も売れた車であるアクアの販売台数が約23万台ですから、これと比べても、五菱宏光という車の人気の凄さが良くわかると思います。

上海通用五菱とは!?

20120713110705

まず、この五菱宏光を発売する上海通用五菱とうメーカーから見ていきましょう。

上海通用五菱は、2002年にGM、上海汽車、五菱集団の合併による合弁会社して設立されました。
中国国内では、五菱ブランドでトラックやミニバン、宝駿ブランドで乗用車の製造・販売を行っています。
その製品の一部は南米、中東、アフリカにも輸出され、それらの国では、シボレーブランドで販売されています。

9088303681822535660

五菱宏光って一体どんな車!?

それでは、そんな上海通用五菱が発売している、今中国で最も人気のある車「五菱宏光」を見てみましょう。
一体どんな車なのでしょうか?

700

ボディサイズは全長4400mm×全幅1680mmで、初代ノアと同じくらい。
エンジンは、1.2L 71馬力と1.4L 102馬力の2タイプがあるようです。

620x0_0_2014092310402061187 d_20140923005720967444411 d_20140923005727347444410 d_20140923102536161444410 d_20140923102537912444411 d_20140923005711184444410 d_20140923005655956444410-2 d_20140923005647440444411 d_20140923005643943444410 d_20140923005640170444411 d_20140923005635097444410 d_20140923005630342444411

参考:上海通用五菱ホームページ

 

いかがでしょうか?
これらの情報では、きっと多くの人が、何がいいのか全然わからないと言うと思いますが、実は、この車約40万円から購入できるのです。

人気の秘密はここにあります。
とにかく、現在中国では、安い車が求められているのです。(当然最低限の装備や性能は求められます。)

日本メーカーも今後中国で戦っていくためには、「五菱宏光」のように、必要最低限の装備をつけて価格をギリギリまで下げるといったような車の導入に力を入れるべきではないでしょうか。
そうでないと日本メーカーが淘汰されてしまう日が来るのかもしれません。

面白いと思ったら是非シェアをお願いします↓↓↓

永田カーティン

永田カーティン

投稿者プロフィール

車好きサラリーマン。
かつて自動車エンジニアとして働いていた経験を基に車に関する面白情報を紹介する。

この著者の最新の記事

関連記事

Car Talk(カートーク)とは?

Car Talk(カートーク)とは?

車好きが車好きのために発信する車情報サイトです。

シェアブログからスピンアウトした車の情報サイト。
車に精通するプロが車に関する情報を発信していきます。

シェアブログはこちら

カートークのTwitter

広告ページ

ページ上部へ戻る